飽き性フロッキーの雑記ブログ

好きなことを熱量が冷めないうちに文字にしている雑記ブログです。

MENU

武田塾の評判は実際どうなのか。浪人生の実体験。

f:id:azuan65:20161206003947j:plain

どうもフロッキーです。


僕は浪人時代に武田塾という予備校に通っていた。youtube配信をうまく活用して、人気を集めている。
 
www.takeda.tv

今回はこの武田塾についてこれから入ろうかと悩んでいる人のために僕の経験(暴露話)を書きたい。


この記事を読めば今話題の武田塾の内部が良く分かるはずだ。

武田塾が提供するもの


まず武田塾のシステムを軽く説明したい。


この塾は、宣伝の通り一切授業をしない。

 
では武田塾が塾生に何を提供しているかというと、宿題の分量や勉強方法を講師の人が一緒に決めてくれる。

 
例えばこんな感じで宿題が出されて

 f:id:azuan65:20161206004434p:plain

 
特訓日というところでテストをされるわけだ。そしてそのテストが終わったら、講師の人が採点し、出来なかった問題の解説や、相談事を聞いてくれる。


解説が終わったら、次週のテスト日までにこなすべき宿題を、武田塾が独自に作っているルートに従い設定してくれる。


その際に用いる教材がすべて市販の参考書というのは、よくわからない教材を売りつけてくる某大手塾たちと比較すると異例だ。


参考書最強説には僕も賛成で、この考えが気に入って入塾を決意した。


この講師の人というのが結構大切で、僕が知ってる限りでも上は東大生、下は日東駒専の合格者が教えてくれる。


この講師の人は塾生の志望校によって決められているらしい。僕の場合はマーチが第一志望校だったので、最初は東大生(途中で塾を辞めた)、そのあとは青学の人が教えてくれた。

実際に僕の学力はどの程度伸びたのか。

f:id:azuan65:20160815150737p:plain

 
浪人時代の8月に武田塾に入って、2月に辞めたので7か月間。


僕の成績を単純に書くと
 
 
現役 日東駒専でもお話にならないレベル


浪人 日東駒専は結構余裕をもって受かるが、マーチは合格点ぎりぎり


と見事にかゆいところに手が届かない感じだった。


偏差値でいうと45→55ぐらいだろうか。

講師の人が運ゲー

f:id:azuan65:20170309231153p:plain

まず一番大切なことは、この講師の人たちはほとんどが


武田塾式の勉強方法で志望校に合格したわけではない。


だから自分の武田塾での体験を生かして塾生の宿題を考えてくれるわけではなく


マニュアルに書いてあるから次の参考書はこれ


みたいに機械的作業になっていた。


さらにいうと、講師の人によって言ってることが違う。


最初に紹介した東大生の人は


「この宿題以外の時間にどれだけ勉強するかが勝負だよね」


とさえ言っていた。つまり東大生からするとぬるいカリキュラムだったようだ。


だけど東大生の人は自らの勉強方法を惜しむことなく教えてくれた。


一応その例として、東大生の世界史の勉強方法を書いておく。

 
 教科書の決まったテーマ、たとえばイギリス史を読み終えたら、薄い問題集を2冊買い、一冊目のイギリス史を解く。次の日に教科書と問題集一冊目のテーマはさらに次のフランス史、前日の復習として2冊目の問題集でイギリス史を解いていたそうだ。つまり通史、復習を同じ日に同時進行してやっていたという。世界史好きな僕でもかなりハードな作業だった。

(そもそも世界史って楽しいの?という方はこちら)
www.azuna0605.info



このように講師の人によって、自分の勉強方法を教えてくれたり、全くのマニュアル通りだったりすることから、講師によってスタイルが変わってきてしまうため運ゲーだと表現した。


「それなら講師の人を交代してもらえばいいじゃない!」


という意見もあると思うが、もちろん交代してもららことは可能だ。


しかし、その講師の人は他の塾生も教えているわけだから、塾で頻繁にはちあわせる


その時に元講師との間に生じるストレスに耐えられるのであればどうぞ。僕は無理だ。


そのため最初の面接の際に、自分の希望の学歴を持ち合わせている講師をお願いした方がいいかもしれない。

ほとんどの科目は教えてくれない

f:id:azuan65:20161208031509p:plain


さきほどテストを解いた後に講師が教えてくれると書いたが、実はあまり教えてもらえない。


例を挙げるとまず読解系の科目は教えてくれない。


講師の人は国語の長文などを読むわけではないから

「答えはAになってるからAだね」


なぜその答えなのかという一番大切な部分は自分で考える必要があり、結局、自分との戦いになってしまう。


かと言って、世界史などの暗記系はどうかというと、これも結局覚えてきてねという感じだ。


つまり英文法、数学などの答えや解き方がはっきりしているもの以外は、基本教えてくれないということだ。


まあ武田塾のスタンスが参考書が最強というものだから、参考書を読めということだろう。


だから今考えると、テストの丸付け、ネットに公開されているから塾に通わなくても見れる課題を一週間分に割ってもらうという作業のために僕は月5万も払っていたことになる。

 

結局武田塾は行くべき?

f:id:azuan65:20161208032115j:plain


東大生のアドバイスを受けたいから東大生の講師がいる武田塾校舎に行くというのは意外とありだ。普通の学生は東大生との接点がない。


だけどマーチレベルに行きたいというのであれば、特に必要ない。


と僕の成績上昇加減からは言わざる負えない。


それでも入りたいというのであれば、武田塾のWedに各教科の超具体的参考書のステップが掲載されているから、それを実践してみた方が速いと思う。


というか、入ってもそれをやるだけだよ?という感じだ。


だからまず武田塾に入る前に、自分の志望校のルートを見て自分で勉強してみることをおすすめする。


その結果


どうしても独学では気が緩んでしまう


難関大学合格者の意見が聞きたい


というのであれば、入塾を検討してみるべきだ。


もし大学合格後、塾で働きたいというのであれば武田塾ほど楽な塾はないかもしれない。


日東駒専レベルの僕でさえ「合格おめでとう!うちで働かない?」という感じだったので、武田塾生であればほぼ採用してもらえると思う。
 
www.azuna0605.info