受験生の読書で超おすすめな本ランキング11!大学受験に役立つ良書。

スポンサードリンク

どうもフロッキーです。

この記事では受験生が

モチベーションを上げるため、受験に対する価値観を変えるのに

役立つおすすめ本ランキング11

をお届けします。ここで紹介する本は忙しい受験時代に読む価値があると思います。

受験の叡智

大学受験するなら絶対に読んでおくべきです。

僕は受験が終わってから読んだのですが

「あっ、こりゃ受からないわけだ」

と本気で思いました。それぐらい我流の勉強方法と受験で求めれていることの乖離は激しかった。

逆に受験で求めれれていることさえ分かれば、受験勉強中、相当楽が出来るなとも思いました。

僕は基礎が重要だと聞いたことはあっても、実際の受験勉強に活かせていませんでした。

行動が伴っていない理解は、理解していないのと同じです。

この本を読めば、大学出題の意図からなぜ基礎知識が重要なのか、どうやって実際に受験勉強に活かしていくのか、などが詳細に書かれています。

大学の出題意図から勉強をするので、そりゃ合格するわけです。

それ以外にも

  • 大学受験とは何が求められているのか
  • 勉強時間を測るのが無意味な理由
  • 正しくかつ最短な勉強方法が全科目で分かる

などが分かります。

文系理系、また国立私大問わず、受験勉強に悩んでいる学生すべてにオススメできます。

ビリギャル

受験へのモチベーションが上がります。

 

さやか、という素直な子が最初は慶応?冗談でしょ(笑)という感じから

 

だんだん本気で慶応大学を目指して見事に合格する姿を追体験できます。

 

ベストセラーですから非常に読みやすいです。

苫米地英人さんの本

よく親や先生が理由なしに勉強しろ!と言ってきますが、

 

苫米地さんの本を読めば、なぜ勉強を続ける必要があるのかが分かります。

 

例えばこの本とか

 

苫米地さんの本は、基本的におすすめです。

 

実は僕も高校時代に苫米地さんの

をたまたま図書館で見つけてから

 

自分の価値観が変わりました。

 

英文法の勉強は不要!とか日本の英語教育は間違っている!

 

という内容に衝撃を受けました。

(その後に受験に対して疑問を抱いてしまったので、現役、浪人中に苦労することになりますが笑)

 

自分の価値観を変えたいという人には

あたりが読みやすくておすすめです。

大学時代にしなければならない50のこと

スポンサードリンク

大学生活を追体験することによって、モチベーションが湧きます。

「君が嫌いなのは、勉強ではなく、先生や学校だった」

「効率の悪い勉強からは、効率のいい勉強では得られないものが学べる」

 

など、大学に入るにあたって絶対に知っておきたいことがたくさん書かれています。

 

一応「大学時代」自分のために絶対やっておきたいことも読みましたが、僕は中谷さんの方が好きです。

 

ふしぎの図鑑

詳しくは

www.azuna0605.info

 

で書きましたが、高校生の方にもおすすめです。

 

上記の記事では、魚の保護色の話を書いていますが

  • 蜘蛛はなぜ自分の巣に引っかからないの?

みたいなことも学べます。

 

学問、知識を収集する楽しさが分かるかもしれません。

世界史ナビゲーター

歴史科目を受験の選択科目にしている方は多いと思います。

www.azuna0605.info

僕もその一人だったのですが、ナビゲーターと出会ってから歴史が楽しいことだと教えてもらいました。

あんなに嫌だった受験勉強中、唯一普段の読書並みに楽しめた参考書でした。

 

ナビゲーターの何が良いって、参考文献を結構挙げてくれているところです。

 

「受験が終わったら、この本を読んでみてください」

 

という感じで関連本を紹介してくれています。これが普通の参考書とは違う。

 

その影響もあって、大学に入ってからもいまだに歴史関連の本を読んでますからね。

www.azuna0605.info

大きく分けてナビゲーターと、実況シリーズがありますがどちらでも良いと思います。

 

それで歴史に興味が湧いてきたら関連本を読んでみるのも良いですね。

読書力

読書に興味はあるんだけど、いまいち良さが分からないという方におすすめです。

 

あまり読書経験のない方は、少しかしこまった文章なので読むのが大変かもしれませんが

 

斎藤孝さんの読書に対する熱い思いは伝わると思います。

 

僕も、高校三年生の時に難しいと思いながら読みました。

 

そして読書の重要性に気づかせてもらいました。

 

巻末には文庫百選もあるので、これから何を読べきかの参考にもなります。

 

もっとゆるい本の参考を知りたい方は、こちらもおすすめ。

www.azuna0605.info

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)