英語多読におすすめの端末は?【小説はipad、ビジネス書はkindle】

英語

どうもフロッキーです。

「洋書といったらペーパーバックでしょ!」

という方もいると思います。

確かに、あの紙の匂い良いですよね!

ただ、英語初心者、中級者で自分のレベルを上げるために洋書を読まれている方には、紙ではなくkindleなどの端末にするのをおすすめです。

その理由をこの記事では解説します。

英語多読におすすめの端末は?

ずばり

小説、児童書を読み方人はipad。

スポンサードリンク

ビジネス書を読みたい人はkindle

この二つを用途によって、使い分けるのがおすすめです。

詳細は以下に書きますが、小説などは名詞でわからないものが多いので、イメージ検索が使えるipadが良くて、

Big wordといわれる難しくて抽象的な単語が多いビジネス書は、Wise Word機能があるkindleがおすすめなんです!

それでは2つの理由を見ていきましょう。まずは小説、児童書からです。

小説、児童書はipadがおすすめな2つの理由

理由はこちら。

  1. 名詞をすぐイメージ検索できるから
  2. 句動詞(get upなど)もグーグル検索できるから

くわしく見ていきましょう。

名詞をすぐイメージ検索できるから

小説、児童書というのは物語、ストーリーですよね。

その結果、いろんなシーンを描写するので様々な名詞を使います。

例えば、moominland midwinterから。

ムーミンのアニメを見た方ならわかると思いますが、初見の方は

「bathing-house」「Too-ticky」などと急に言われても、なんのことか分からないと思います。

しかし、ipadのイメージ検索を使えば一瞬で名詞を検索できます。

この名詞のイメージ検索をすぐに検索できるのは、本当に便利です。

名詞が分かれば、かなり描写の内容が分かります。そうすると、かなり動詞、形容詞の予想もできるんですよね。例えば

「髪のくしで○○した。」

とくれば、まあ髪をといてんだろう、という感じで。

このイメージ検索を駆使して、英語多読していけば自分のYLレベルよりも高難易度の作品も読めます。それぐらい威力があります。

自分の心地よいYLが4.0だったら、意外と5.5~6.0の本もこの方法なら読めてしまいますよ。

句動詞(get upなど)もグーグル検索できるから

あとは、句動詞の検索にも使えます。get upのように2語以上の表現のことです。

例えば「stretch away」という未知の表現が出てきたとします。

kindleの内蔵辞書でも1単語は調べられますが、句動詞や動詞の過去形などはほとんどだめです。

そのような英英辞書にヒットしない表現を詳しく知りたい場合に、グーグル検索できます。

このように、小説、児童書には名詞、句動詞が数多く頻出するので、すぐに調べられるipadがおすすめなんですね。

僕がおすすめなのは、最新のipad airかipad miniですね。

ただ外で読むことが多い人は、タブレットで軽めのipad airでさえ、ケースに入れなくても結構重いです。重さが気になる人は、ipad miniがいいかもしれませんね。

ipad miniのアップル公式サイト

スポンサードリンク

あとは、PC版のkindleアプリでも同じような作業はできますよ。

ビジネス書はkindleがおすすめな2つの理由

ビジネス書でも2つ理由があって

  1. Word Wise機能が最強すぎるから
  2. 英英辞典の内蔵辞書や翻訳機能もあるから

です。それでは行きます!

Word Wise機能が最強すぎるから

1番の理由です。このWord Wise機能は最強です。

このように難しい単語の上に、やさしく言い換えてくれます。(難しい単語をBig Wordと呼びます。)

これだけでどれだけ読むのが早くなるか分かりません。

というもの、英語中級者になると

英単語の難しさはより細かく言っているだけ

ということに気づきます。

例えば、exploitのコアとなる意味はuseです。

どうuseするかをexploitでは細かく定義しています。みんな大好きロングマン英英辞書で調べてみると、

  • to treat someone unfairly by asking them to do things for you, but giving them very little in return
  • to use something fully and effectively

と虐待したり、効果的、かつ最大限使い切るという詳しい意味がありますが、コアの意味はuseですよね?

洋書をとにかくテンポよく読みたいときは、このコアさえ分かれば十分なんですよね。

しかもWord Wiseのレベルも4段階に調節できます。

④多くの単語につけるのか~①本当に難しい単語だけにつけるのか、を設定できますが、私的に2レベルがおすすめです。

これがほどよくて、②以上のレベルをつけないと読めない本は、まだ実力不足だと思います。

英英辞典の内蔵辞書や翻訳機能もあるから

これ以外にも、内蔵辞書や翻訳機能もあります。

ちなみに僕がkindleに入れてる英英辞典は以下の2つで

「The New Oxford American Dictinary」は最初から入ってます!

ちょっとだけ英英辞典紹介!

Cobuildは勝手に説明型と読んでいるのですが、細かく丁寧に定義を教えてくれます。初心者におすすめですね。

Collins COBUILD Advanced Learner's Dictionary

Collins COBUILD Advanced Learner's Dictionary

7,472円(07/23 12:34時点)
Amazonの情報を掲載しています

Merriamのほうは、簡潔型の英英辞典。

簡潔で、かつ明快に書いてあるでパッとすぐ読みたい中級者におすすめ。初心者にはそっけないかもしれません。

Merriam-Webster's Advanced Learner's English Dictionary

Merriam-Webster's Advanced Learner's English Dictionary

Merriam-Webster
6,014円(07/23 10:31時点)
Amazonの情報を掲載しています

英英辞典特集の記事も今度書きますね。

この2つで、英単語の意味が取れないことはほぼないぐらい優秀です。

ただ単語というより、1文が長すぎてよくわからなくなったという時は、翻訳機能を使います。

これで、文章のつながり、意味を確認します。

とは言っても僕が普段見ているのは、文章のつながりですね。長い主語がどこにつながっているのか、などを見て理解を助けます。

意味を正確に表示してくれることはほとんどありません(笑)。特に長くて複雑な分に関しては。

だから翻訳機能をたてにはせず、参考にしてます。

まとめ

今回は、英語多読におすすめの2つのおすすめ媒体を紹介しました。

紙の本では、どうしてもわからない単語は流し読みするしかありません。

そういうわかないところは飛ばす読み方もあると思いますが、ちゃんと勉強しようとするなら

このように、現代の機器を使いこまして英語多読するほうが良いと思います。

スポンサードリンク

2 件のコメント

    • ありがとうございます。現在シェアハウス在住なのでなかなか動画が取れませんが、自分の英語力を磨きながらネタはいつも考えています。気長に待っていただけると幸いです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)