飽き性フロッキーの雑記ブログ

好きなことを熱量が冷めないうちに文字にしている雑記ブログです。

MENU

【評判】元バイトがブックオフアルバイトの実態を暴露する。

f:id:azuan65:20160626134529j:plain

どうもフロッキーです。


僕は7か月間ブックオフでアルバイトした。


今回は実際に働いてみないと分からないブックオフアルバイトの実態を記したい。

1.趣味が会う人が多い


これはブックオフで働く一番のメリットだ。


ブックオフはゲームや漫画、小説や実用書などを取り扱っているから、働いている人たちも当然それらの商品が好きな可能性が高い。

ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

実際にこの考えは見事に的中し


PS3のゲームソフトの趣味がほとんど一緒の人


空の境界や伊藤計劃が小説が好きな人


など言って見ればマイナーな趣味を共有している人を見つけることができた。


自分の趣味が合う人を大学やほかのバイト先ではそうそう出会えないから仲間を見つけるためにブックオフを選ぶという選択肢は大ありだ。


劇場版 「空の境界」終章/空の境界 [DVD]


それ以外にも自分の趣味のものを職場にしているわけだから、知ってる漫画や読みたい小説を買い取りするときもあるから楽しい。


ブックオフに普段から買い物をしている人は、仲間や取り扱っている商品を考えてもかなり良い職場環境だと思う。

2.仕事のハードさ

f:id:azuan65:20170105161305j:plain

では次に仕事は楽なのかどうかについて見ていこう。


仕事内容はトイレ、入り口付近の掃除、買取、レジ、買い取った商品の掃除、品出し、閉店後の事務作業。


一つ一つの作業はそれほどつらくない。しかしブックオフは楽な時と激務の差が大きすぎる。


平日や雨の日はお客さんがほとんど来ないため、死ぬほど楽。


休日は時給の割に忙しく、年末年始は閉店時間に買い取りが終わらないほど忙しい。

時給が低い

休日、祝日があまりにも忙しいからトータルとしてはつらかった。


ブックオフ店員はみな口を揃えて


「仕事は楽しんだけど、時給が低い」


と嘆いている。


ブックオフの時給は


f:id:azuan65:20170105162015j:plain


となっていてキャリアアップを売りにしているが、チャレンジャーCにはすぐに昇格するがそれからのアップはなかなかできない。


おそらくチャレンジャーAになるには3年以上働く必要があると思う。


休日の時給アップ制度は店舗によるそうだ。僕のところはなかった。


休日や年末年始は時給以上に働く必要があるということを覚悟する必要がある。

3.アルバイトをすることによっての特典

f:id:azuan65:20170105185459j:plain

そしてどのアルバイトでも気になる買い物や買い取りの際の特典。


なんとブックオフは特典どころか制約しかなかった。


ここでいう制約とは


買い取ってから1か月以内のものは自分が働いているお店では買えない。


買う際は店長もしくは正社員がレジを担当しているときのみ。


というものだった。


アルバイトも大切な「お客さん」なわけだからもう少し特典が合ってもいいと思うが。


ちなみに僕が働いていたところは正規店だったから厳しかったのだろう。


ブックオフには正規店とフランチャイズ店がある。

店舗検索欄から情報を知りたい店舗をクリックします。するとブックオフ上の店舗情報のページに飛びます。注目して欲しいのはそのページのURLです。


http://www.bookoff.co.jp/shop/shop○○○.html


のようなURLになっているはずです。この○○○の数字に注目してください。この数字が2から始まっている店舗は直営です。そして1から始まっている店舗はFC店舗です。

blog.livedoor.jp



そして僕の聞き込み調査とこの方の印象は同じようで


フランチャイズの方が正規店よりもゆるい。


だからあまりルールに縛られたくない人はフランチャイズ店の方がいいかもしれない。


本当に仕事、人間関係は最高の職場だったが賃金が安いな~という感じだ。