【実体験】実家を出たい!お金なくても一人暮らしする3つの方法。

暮らし

どうもフロッキーです。

「とにかく実家を出たい!」

分かりますよ。実家だと勝手にルールが決められていたり、親に従わないといけないのがだるいですよね。

実家はストレスが溜まるし、人をダメにする理由。

僕は

  • 実家暮らし
  • 一人暮らし
  • 会社の事務所
  • 居候を2回
  • 格安シェアハウス

といろんなとこに住んできました。

なので結構経験豊富だと思います。

そこで今回はお金がなくても実家を出れる3つの方法を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

お金がないがなくても実家を出て一人暮らしする3つの方法

  1. 格安シェアハウスを探す
  2. 友達、ルームメイトの居候をする
  3. 安い物件を探す

があげられます。ぼくだったらシェアハウスですかね。

今も住んでますが、お金がない状態で実家を出たいとなると格安シェアハウスが一番最適だと思います。

初期費用はかからないし、生活費はルームメイトで分割するのでとても安いです。

家賃23,000円のアットホームなシェアハウスに住んでみて。どんな人いる?メリットデメリットは?

 

ただやはりいろいろデメリットもあるので、月4,5万出せるぐらいなら個室がしっかりしたシェアハウスに僕なら住みますかね。

異性連れ込み可能なシェアハウスなら、ほぼ一人暮らししてるといっても過言ではないですよね。

しかも実家っぽい便利さ(キッチンの広さ、設備がそろってる、さみしいときは誰かと話せる)がそろってるので結構生活しやすいと思います。

 

まあここではお金に余裕がない人に3つの方法の詳細を見ていきましょう。

1、格安シェアハウスを探す

まず安いシェアハウスを探しましょう。僕が今住んでるところは家賃23,000円+分割された光熱費です。

1カ月たちましたが1月分の合計金は27,923円でした!安すぎる!

家賃23,000円 + 光熱費4,923円です。

ルームメイト3人で光熱費を割ってこの金額です。

しかもこの物件初期費用が2万円だけで、しかも退去時に返却されます。

正直最初のうちはお金がないと思いますので、こういうシェアハウスを探すのが良いと思います。

 

そしてお金がたまったら別のもっと設備がちゃんとしたシェアハウスに行くのか、個人で物件を契約するのかを考えればよいと思います。

1番は実家で20万円ぐらい貯められれば良いのですが、それだと時間がかかったり親がめんどくさかったりしますよね。

ですので、僕はあえて実家を飛び出してこのような格安シェアハウスを選ぶのはありだと思います。

 

メリットは

  • とにかく安い(おそらく最安値)
  • キッチンが広い
  • 設備が全部そろってるので、身ひとつで生活開始できる

 

デメリットは

  • 部屋がほこりっぽい
  • 性格が合わない人がいるかも
  • 設備が全部古い
  • ルールを守る必要がある
  • 洗濯機、トイレ、お風呂、キッチンを誰が使ってるか気にして使わないといけない

などなど。ただこれも家賃を考えればわりに合います。

嫌なら半年とかお金をためてほかの場所に引っ越したりすれば良いだけなので。

今僕が住んで思うのは、この格安シェアハウスのほうが実家で両親にいらいらするよりもよっぽど楽です。

所詮他人なのでそこまで気を使わなくてもいいので。

友達、ルームメイトの居候をする

スポンサードリンク

あとは、友達やネットで居候先を探すのもありだと思います。

意外と両親が金持ちでいいところに一人で住んでいる人がいたりします。あなたが大学生なら知人づてに探してみるのもありです。

その際に「お金を貯めるために半年ぐらい月2万円で住まわせて!」

と事前にしっかり条件を決めておいたほうが良いです。できればLINEなどで文章に残しましょう。

そうしないとぼくみたいに痛い目にあったりします(笑)

【実体験】異性の家に居候ってどうなの?男が4ヶ月居候した。

「3か月ぐらいなら無料でいいよ」

と言ってくれる友達がいれば最高ですね!大学に普通に通える人はお金持ちが多いので、探せば絶対いると思います。

ほかにもメリットとしては

  • 話し相手がいてさみしくない
  • 大学生っぽい楽しい生活になるかも(合コンいったり麻雀したり)

デメリットは

  • 相性が合うか分からない
  • 基本相手のルールに従う必要あり
  • 部屋によっては相手の音がうるさいかも

 

あとは「ルームメイトカフェ」のようなサイトで居候先を探してみるのもいいと思います。

僕も数件見学に行きましたが、まあまあ住めそうなところがありますよ。

犬の世話をしてくれたら家賃20,000!など。リビングが獣臭すぎてやめましたが(笑)

ただこういう個人的なところは女性は心配ですよね。

そういう方はやはり実家で資金をためるか、ちゃんと管理人がいるシェアハウスを検討したほうが良いですね。

3、家賃の安い物件を探す

これは実家である程度資金を貯めれる人用ですが、安い物件を探して契約する方法です。

その物件の家賃3~4倍あれば、初期費用としては足ります。

僕が初めて一人暮らしした物件は大学の近くで、家賃33,000円ぐらいでした。

初期費用は

  • 前家賃等で130,000円
  • 歯ブラシ、マットレスなどの日用品で12,000円
  • プロパンガス開始で10,000円

計152,000円ぐらいかかってますね。安心するために20万は初期費用がほしいところ。

 

メリットは

  • 一人の時間を満喫できる
  • 誰のルールにも縛られず、自分でルールを作れる

とまあとにかく自由が欲しい人はいいですね。

 

デメリットは

  • すべて自分でそろえるので割高になりがち
  • 意外とずっと一人はさみしい
  • 格安一人暮らし物件はキッチンがせまくて調理がしにくい
  • ぼろい物件は虫が出る

などなど。

安いところを探すと、ルームシェアと変わらないような壁の薄さだったり、虫がすごかったりしました。

やはりちゃんとしたところは関東圏なら4万以上はしますね。

【実体験】実家を出たい!お金なくても一人暮らしする3つの方法。

大学生男の一人暮らしあるあるを公開!孤独すぎる・・・

まとめ

やはりルームシェアが一番コスパがいいですかね。

ただ格安にはそれだけの理由があるので、僕ものちのちちゃんとしたシェアハウスに移動します!

それか、福岡などは選択肢の一つですね。物価は安いし、定額の飲食店やカフェなどのサブスクが充実している、起業家を優遇しているそうなので!

 

 

 

スポンサードリンク