飽き性フロッキーの雑記ブログ

好きなことを熱量が冷めないうちに文字にしている雑記ブログです。

MENU

機動戦士ガンダム第08MS小隊の感想。グフカスタム、シローの下心が面白い!

どうもフロッキーです。


最近ガンダムを深掘りするべく、ネットフリックスで歴代ガンダムをコツコツ観てます。


その流れの一つとして、「機動戦士ガンダム 第08小隊」を観たので感想を書きます。

戦略、戦術レベルで捉える一年戦争

ガンダム作品としては短めの11話。


08小隊は一年戦争中を描いてた作品なので、初代ガンダムの時系列と重なりますが


初代の方はどちらかというとジオン、連邦の大きな枠組みとして一年戦争を捉えていると思います。(戦略レベル)


一方08小隊は、東南アジア戦線という一局面にフォーカスしているため兵士たちがどんな環境、心境だったのかということが詳しく描かれています。(戦術レベル)

機動戦士ガンダム 第08MS小隊 Vol.01 [DVD]

戦略、戦術レベルで、一年戦争を総合的に観ることが出来る事が面白い点の1つです。

名シーン!ノリスのグフカスタム

一局面にフォーカスしているので、もちろん戦闘シーンが豊富です。


しかもその戦闘シーンはどれも面白い。


まあどう考えても一番印象的なのは、ノリス・パッカードが操るグフカスタムとの戦闘シーンです。

f:id:azuan65:20180224174643p:plain
http://ganndamu.blog.jp/archives/1662412.html


シローもそこそこ強い存在なのかと思っていましたが、


「目の良さが命取りだ!」


とノリスに終始手玉に取られていたのが面白かったですね。


これはシローだけではなく、サンダースの射撃ポイントも予測済みであったり


ガンタンク3機見事に破壊してしまうあたり、08小隊全員が手玉に・・・。


あっ、ここで疑問点なんですが

  • なぜノリスはガンタンクを自分の命を引き換えにするほど、攻撃対象として重要視していたのでしょうか?

ザンジバル級機動巡洋艦を落とさせないため?(でもジムスナイパーいるし笑)


分かる方がいたら教えてください!


勝ったぞ!って言って切られているのは、セリフの意味は分かるもののつい笑ってしまいました笑

シローアマダのIQの高さ

主人公を愛が変えてしまうというのは、観ていて飽きないですね。


アイナと添い遂げる!と豪語して、部隊も何もあったものではありません。


なかなか堅物で観ていて飽きない人物だと思いますが、結構抽象度が高めの人物だとも感じました。


ビームサーベルで温泉沸かしてましたもんね笑

f:id:azuan65:20180224175917p:plain
https://twitter.com/tsumo_knzn/status/745943185302523904


同じパイロットのアイナが想像もできなかったこと(視聴者も)


をひょいっとしてしまうのはすごいと思いました。


この抽象作業の原動力が

  • 抽象度が高い人物だからなのか
  • アイナと温泉に入りたいという下心によってできた創造的思考


なのかは知りませんが・・・。

ガンダムゲームの知識による既視感

平成生まれの若者にありがちのことは


ガンダムの知識はゲームが先で、アニメは後というのがあるのではないでしょうか。


僕もその一人で

  • ガンダム VS Zガンダム
  • ギレンの野望

etc

のゲームにドハマりしていた経験から


作品を知らないのに、登場人物はすでに知っているというおかしな状況になっています。

機動戦士ガンダム ギレンの野望 ジオンの系譜 - PSP

ギレンの野望をやっていると

「ここの部隊なんか以上に強いな」

と思っていると、それがアムロ率いる一年戦争メンバーだったり、08小隊だったりしていたので。


(このガンダム史実に忠実な野望系ゲームは、好感を覚えますよね)


このようにゲームを先にプレイしている者からすると


嵐の中で輝いて その~夢をあきらめないでえ!


というOPを聞くと


「あっ機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム - PSPで戦闘曲の中にこの歌あったぞ!」


と既視感を覚えてました。

機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム - PSP


このように歴史があったり、二次創作ゲームなどが発売されている作品は


知識と知識が結び付く快感を味わわせてくれます。


08小隊は、ツッコミどころ満載なのでぜび観てみてください。


そしてガンダンクの謎の答えを教えてください!