飽き性フロッキーの雑記ブログ

好きなことを熱量が冷めないうちに文字にしている雑記ブログです。

MENU

大学生活は楽なのか。理系文系の違いと授業や学校生活について。

どうもフロッキーです。


「大学はとにかく楽だ!4年間遊び放題だからそのために勉強しろ!」


と言われてきた高校生も多いと思う。この主張が真実なのかどうかを現役大学生が答えたい。


まずはっきりしないといけないのは、理系文系によってかなり話が変わってくるということだ。


だから理系文系を区別しながら書くが、結論としては

英語、面白くもない授業など色々と大変なことが多い。

授業について

f:id:azuan65:20170204111333p:plain

成績はどうつくのか

これは理系文系、学部問わず言えることだが教授の方針によって大きく異なる。


成績判定は試験、出席、レポートの点数配分によって決まる。


試験100%で出席などはどうでもいいという教授もいれば、試験50%出席50%という中庸型、レポートのみでOKという教授など様々な評価基準が存在する。


だからどの学部が楽ということを決めることは不可能でどの教授の、どの授業を取るかによってかなり変わってくる。


ただし理系文系によって必修科目の傾向はある。


それは

理系は試験や実験の割合が高い

文系はレポートの教科が多い

f:id:azuan65:20170204111430p:plain

ということは試験が多めの理系はテスト一週間前ぐらいから知識を詰め込むか、実習が必修だ。


対照的に文系は文章さえ書ければ、多くの場合単位を取得することが可能だ。


もちろん試験の授業もあるが、そんなに高度ではない知識を暗記すればOK。


文系の単位取得条件の例をあげておくと、一学期中に15回ある授業中に約1000字が上限のレポートを毎回提出のものや、3000字の以上のレポートを一回提出で終わりの授業もある。

f:id:azuan65:20170204111831p:plain

つまり簡単にまとめると


文章が難なく読めて、書ける人は文系の方が楽。


読書嫌いで試験勉強だけで成績が決まる方が良く、実験が好きな人は理系の方が楽。

関連記事

www.azuna0605.info

逃げることが出来ない英語

残念なことに英語は理系文系問わずに必修だ。


しかも英語は授業数が1学期で2授業も取らなくてはいけないこともある。大学の勝手な都合によりTOEICの年一回の試験が義務の大学もある。

f:id:azuan65:20170204111937p:plain

英語ができるかどうかで単位の取得が楽かどうかも分かれてくる。


だから英語だけは大学受験が終わっても継続的に勉強しておいたほうがのちのち楽だ。

大学生活について

f:id:azuan65:20170204112039p:plain

学校生活について

これは高校とは比べ物にならないほど自由度が増す。


成績の付き方さえ心得ていれば、出なくていい授業もあるし、一学期の授業数が15回の3分の1の5回まで休める。
(普通の学生は4回でとどめるが)

だから

「出席評価の甘い2時限はさぼって、3時限から出るからそれまで寝よう」


f:id:azuan65:20170204112316p:plain

というような選択を自己責任の中で下すことができる点において楽。

人間関係について

これは残酷なほど利害関係を求めることになる。


高校までの学校生活というのはクラスという特殊な制度があったから、1年間は同じ人たちと過ごす必要があるためいい人ぶったり、本性を隠していたが


大学では人間の本来の姿が出る。

f:id:azuan65:20170204112354p:plain

なぜならクラスと違って大学の同級生というのは自らが望まない限り、必要のない存在だからだ。


人間自分に得がないことは基本的にしないので、何か情報を教えてもらうには友好関係を築くか、情報交換する必要がある。


だから人間関係は友達がほしい人は自分から積極的に人脈を広げていかないといけないため、楽ではない。


人脈を広げる苦労を取るか


一人で孤高に大学生活を送るのか


を決断する必要がある。

まとめ

f:id:azuan65:20170204112704p:plain

結局自分がどういう人間で何が得意なのかを心得ている人が一番楽を出来る。