飽き性フロッキーの雑記ブログ

好きなことを熱量が冷めないうちに文字にしている雑記ブログです。

MENU

僕がスマホゲームをやらない理由。課金という名の不平等世界。

f:id:azuan65:20161024004706j:plain

どうもフロッキーです。
 

自分の中のゲーム観というものが一応の完成を迎えた。


そのゲーム観を説明する前に、現在の僕のゲームスタイルを話そうと思う。


いたってシンプルで


スマホゲームは無料、有料に関わらず一切やらない。
 

ゲームをするなら据え置きゲームでするというのが僕の現在のスタイルだ。
 

このスマホゲームが台頭している世の中でこんなポリシーを掲げると


スマホゲームに何かトラウマでもあるのではないか?と思われるだろうが、お察しの通りトラウマはあるが


一番言いたいのは


ゲームは本来平等の条件で勝負するものなのに、なんでお金で不利にならないといけないんだ!


という話だ。

僕のスマホゲーム歴

 
まず僕のトラウマを書きたい。


今から3年前のことだ。


高校生だった僕は、ガラケーでエヴァやモバゲーの怪盗ロワイヤルといった今では懐かしいゲームをしていた。


だから最初からスマホゲームはやらないと頑固になっていたわけではない。
f:id:azuan65:20161024005736p:plain
 

そのモバイルゲームの流れは、スマホに買い替えてからも続いた。


魔法使いと黒猫のウィズとか、GACKT氏がものすごい速いことでおなじみのタッチザナンバーなどを楽しんでいた。
 

そしてこの頃にゲーム観を変える出来事が起きた。
 
 
タイトルは曖昧なのだが、ガンダムエリアウォーズのベータ版をインストールしたと記憶している。


僕はいつにもまして真面目にエリアウォーズをプレイした。


あまりいい機体はガチャで出なかったけど、レベルアップする際にはスタミナの消費を考えベストなタイミングでレベルアップする徹底ぶりだ。
 

こんなにも頑張った理由として、ベータ版ということがあったと思う。


ベータ版を頑張っていれば


無課金でも本リリースの時にほかの人と比べて優位に立てると思ったのだ。
 

そして本アプリがリリースされる朝が来た。僕はこの日のために頑張ってきた。
 

だけど驚愕の画面を目撃する。


 相手のチームユニットにガンダムがいるのだ。

f:id:azuan65:20161024012531j:plain
 

もちろん僕のエース機はグフだったから勝負にならなかった。


「最初に戦った対戦相手がたまたまガチャの引きがよかっただけだろ」


と思っていたが、ほかの人もレアなエース機がやたら揃っている。


どう考えても無課金で揃うメンツではない。
 

どうやら本リリース当日に始める彼らはガチ勢なのだろう。


ガチ勢はスマホゲームにお金を使うことをいとわない。


所詮、無課金の頑張りというのは課金勢の1000円と一瞬で取って代わられてしまうものなのだと悟ったのだ。

僕のゲーム観

f:id:azuan65:20161025010249j:plain
 

ここに僕がスマホゲームが嫌いな理由がある。フェアじゃないのだ。

 
アクション、格闘技やサッカー、などさまざまなゲームがあるが


本人の頑張り次第でいくらでも這い上がれるのがゲームの良い所ではないのか。

 
僕はずっとそのようにゲームを捉えてきたから


エリアウォーズの課金勢の強さが許せなかった。


より多く課金できるユーザーが勝利するという


ゲームの世界にまで資本主義を持ち出されたらたまったものではない。
 

だから僕はそんな不平等な世界に身を置くことはやめたのだ。
 
 
それにゲーム性をとっても


据え置きゲームに比べて明らかパフォーマンスが低い。
 

たしかにスマホゲームというのは手軽にできるとして暇つぶしを売りにしているわけだから


ゲームクオリティの高さなど、作り手とユーザーは求めていないのだろう。


そうなるとより本格的にゲームを楽しみたい人間からすると


不平等で、ゲーム性が低いスマホゲームをする理由などもはや見当たらないのだ。
 

そんなことに時間を使うぐらいなら、僕は家にいないときは読書やブログ記事を更新する。


そして家に帰ってきてから据え置き機でゲームをする。


そっちの方が暇つぶしでスマホゲームをするより、よっぽど有意義だと思う。
 

これが僕のゲーム観だ。