読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽単とは何か|全く頑張ることなく良い成績で大学の単位を取得する方法。

大学篇 学校

f:id:azuan65:20160917150121p:plain

どうもフロッキーです。

大学の単位の取得は楽だと言われている。

僕も「普通にやってれば落とすこともないでしょ」と考えていたが、割ときついということが分かったので今回は

どのような授業が自分に合っているのかを見極める方法

について書きたい。

彼を知り己を知れば百戦殆うからず

f:id:azuan65:20160917150459p:plain

 まず僕の大学の授業は1セメスター15回で構成されている。

 これはどの授業も同じだが、試験内容が違う。まずは試験内容の違いを見ていきたい。

1試験100%型

 一発の試験で全てが決まるので、試験本番まで一回も出席する必要がない。

 これは主に理系教科に多いので、数学などが得意な学生はがぜん有利。

 文系、理系双方に教科書持ち込み可の授業もあるが、出席点が全く加味されないので自学自習しない限りは今後使いもしない教科書を買わされることになる。

2毎回レポート提出型

f:id:azuan65:20170218203326p:plain

 授業の感想などをレポートにまとめるのみ。

 毎回出席することが必須だが、出席とちゃんとした内容でレポートの字数を埋めればA以上は間違いなし。

 先生独自のプリントという場合もあるので、教科書も買う必要がない場合も。

3字数の多い巨大レポートを一回提出型

 14回の授業を受けて、それらで学んだ知識を統合して1つのレポートにまとめる。

 一例を挙げると原稿用紙7枚(2800字)以上という授業もあった。

 こういう授業はたいてい「哲学」などといった堅い教科が多いので、並大抵の努力ではA以上の評価はもらえない。

 ただし最低限の内容で字数を満たしたレポートを出せば一応単位はもらえる。

4試験とレポートが50%ずつ型

f:id:azuan65:20170218203357p:plain

 毎回の授業はもちろん、定期試験の勉強も多少はしないといけないが、たくさんの学生が受けないといけない必修に指定されている科目はゆるい傾向が強い。

 

この授業分類についてはこちらにも書きました。

 関連記事 


 とだいたいこんな感じになる。

 一応例を挙げておくと一年生の場合は必修の授業で何かの科目の概論というそれぞれの分野の紹介みたいな授業があった。

 この授業は学部生全員が受ける必要があるため難易度を考え、レポートで完結するものがほとんどだった。

 つまり大学の成績評価は大きく2つに分けると

 知識を暗記して試験で高得点を取る

 レポートで自分の考えをアウトプットする

 のどちらかになる。

 自分がどちらが得意なのかを考えて単位を取っていけば、良いGPAを取れるはずだ。

教科書持ち込む可能な授業もある 

f:id:azuan65:20170218203544p:plain

 ここで注意点なのですが、試験100%の授業は教科書持ち込み可のものがある。だから

「持ち込み可なら一発本番でも解けるんじゃね?」

と思うかもしれないが、そうは問屋が卸さない。

 ノー勉で試験に挑むと時間が足りなくなる。

 というかちゃんと勉強しても問題を聞かれた瞬間に教科書のどの部分に書かれていたかを瞬時に思い出せるレベルでないと時間が足りない。

 暗記ものが得意な方はこの点を考慮する必要がある。

 

楽単とは何か

f:id:azuan65:20160917150541j:plain

 楽単とは「楽に単位が取れる授業」のことだと思うが、僕の経験上レポートのみの授業を取るのが一番近道だ。文章さえ書ければ取れるからだ。

 しかしここでは一歩踏み込んで楽単の定義を

楽にA以上が取れる授業」

にしたい。

 それに必要な条件は自分の得意分野かつ、成績評価が甘い科目だ。

 上記で自分の得意分野については言及したので、成績評価が甘い授業をどのように効率的に探して授業を組んでいくかについて書きたい。

 僕の例ではこの方法で全く頑張ることなくSを3つ、Aを4つほどいただいた。

具体的な探し方

f:id:azuan65:20170218203748p:plain

 大学にはシラバスという

 どういう授業をするのか

 成績評価はどうつけるのか

 ということが書いてある、言わばその授業の紹介文みたいなものがある。

 まずは自分の大学の公式サイトでシラバスを探す。

 それを見ながらまず英語や基礎ゼミといった必修の科目をスケジュールに書き込む。

 その後に必修の授業を基準に時間割を組んでいけば、学校に行く曜日を減らすことができる。

 例えば水曜に必修の英語が入っている場合は、どうせ大学に行くなら水曜に授業を集中させて、他の曜日を休みにするとか。

 同時にシラバスで授業名と担当教授名を検索し、成績評価方法を確認する。

 この作業が一番重要になる。

 こうすればその授業が何を成績の基準にしているのかがよくわかる。

 「そんなことはどの大学生だって知ってるでしょ?」

 と思われるかもしれない。しかし授業によっては成績評価に関係ない提出物が出たりする。

 例えば試験100%と書かれているにも関わらず、授業後に課題を出している授業があった。

 僕の大学では高校までの習慣を引きずり、なんの疑いもなくせっせと提出物を時間を割いている学生があまりに多い現状にびっくりした。(全く成績の評価に関係しないのに)

 このような無批判、考えない学生にならないようにしたい。

 だから大学生が一番頑張らないといけない場面は、自分が取る授業を選択する時だ。

 逆にここさえがんばって組んでしまえば後は自分の得意分野で戦うことが出来る。