GIANT KILLING

読書、ピアノ、一人暮らしなどどんどん雑記として配信しているブログです。

芸能人の愛読書を本を探す時の参考にまとめてみた。宇多田ヒカルから太田光、向井理まで

f:id:azuan65:20160727174211p:plain

 

どうもフロッキーです。

 

「本を読みたいんだけど、何を読めばいいか分からない」

という声はよく聞く。

 

こんな時は、憧れの人物が読んでいる本を読めばその人に一歩近づけるかもしれない。

 

読書もできて一石二鳥だと思う。

 

というわけで今回は有名人の愛読書や影響を受けた本をまとめる。

 

 

宇多田ヒカル

ULTRA BLUE

 

宇多田さんといえば、最近芸能活動を再開されたが「花束を君に」「真夏の通り道」をリリースした初日から話題になるほどの人気ぶり。

 

 

私的にはエヴァの序でテーマ曲になった『Beautiful World』がすごく好きだ。

 

そんな表現力あふれた宇多田さんが影響を受けた本を見ていこう。

 

花束を君に

花束を君に

 

 

真夏の通り雨

真夏の通り雨

 

 

 深い河

 

 英語にしただけの曲をリリースするぐらい影響されているという。

Deep River

Deep River

 

 

 銀河鉄道の夜

このテイク5という曲は

宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」みたいにしたかった、と本人は語っている

テイク 5

テイク 5

 

 

 本も読みたくなるし、そのあとにCDも聞きたくなる。

 

銀河鉄道の夜は様々な本の表紙として出版されているので、自分の好きなのを選択されるべし。

 

 

 参考ページ

宇多田ヒカル - Wikipedia

 

北川景子

引用http://nekotopi.com/geino/1411/

f:id:azuan65:20160727180602j:plain

 

 ダイゴと結婚したことはテレビを見ない僕すら知っている。

 

それ以外にもドラマ『家売るオンナ』などで演技力をいかんなく発揮されているが、そんな北川さんは読書好きとして有名。

 

この演技力も読書によって培われた側面があるかもしれない。

氷点

 

—— まず、学生の頃で今でも心に残っている作品はありますか?

三浦綾子さんの作品ですね。中学の時だと思いますが、キリスト教系のミッションスクールに行っていたので、キリスト教の要素のある作品に興味を持ちました。

—— 具体的には?

「氷点」ですね。人間が生まれながらにして犯している罪「原罪」を、クリスチャン作家ならではの問題提起をして話題になりました。まず「氷点」ですが、クリスチャンで医師の辻口は娘を殺した殺人犯の娘を、「汝の敵を愛せよ」というキリスト教の言葉を実践し養女にします。しかし実は、自分を裏切っていた妻への復讐のためだったという。ドロドロの家族関係のドラマです。何度もTVドラマになっているのでご存知の方も多いと思います。それまで、赤川次郎さんとか読みやすいミステリーを読んでいたので、この人間ドラマには引き込まれました。

 

おいしいコーヒーの入れ方

 

 

シリーズで8巻あります。父の転勤で、年上の従兄弟のかれんと同居することになった高校三年の男の子。久しぶりに再会すると美しい女性になっていて、ふたりは強く惹かれあってゆく……というお話。二人は悩みがあると、カフェのマスターに相談しにいくんです。軽めのお話

 

ですが好きなシリーズです。

 参考ページ

第12回北川景子さん | STARの1冊 | LOVE書店! | 本屋大賞

 

太田光

爆笑問題 太田光自伝 (小学館文庫)

 

『爆笑問題のニッポンの教養』(キャッチコピーは爆問学問)という番組の京都大学VS爆笑問題という動画がある。

 

そこで太田さんの話す内容、鋭い意見、読書家らしい姿を観ることが出来る。

 

この動画の中で

 

俺は今まで体験したり、読んだりした言葉の中から選びながら話している」

 

という趣旨のことを話されていましたが、どのような本に影響されたのか。

タイタンの妖女

太田さんが所属している事務所はこの本からとった「タイタン」という名前だ。

 銀河鉄道の夜

宇多田ヒカルさんに続いて二回目のランクイン。

 

 

 再び登場! 参考ページ

爆笑問題太田光のオススメの本10冊 | 趣深い.com

 

ピース又吉

STORYBOX vol.33 花村萬月『弾正星』禁断の大反響連載 ピース又吉「読書道のスス (STORY BOX)

 

『火花』で第153回芥川賞を受賞したということはあまりにも有名。販売部数から計算し、印税は3億という噂も。

 

やはりこのような小説を書くのには、それだけの読書量が絶対に不可欠だ。

 

又吉さんは今までに2000冊は読まれたそうだが、その中から又吉さんがおすすめする本とはいったいどれだろうか。

 

トロッコ

芥川龍之介の『トロッコ』を読んでから読書にはまった。自分の本も教科書の便覧みたいに、本をあまり興味のない人の読書のきっかけになってくれるとうれしい」

 

とのこと。芥川賞作家ピース又吉さんの原点はこの本のようだ。

 

太宰治

 

「好きな作家はたくさんいるけど特に太宰が好き。暗いイメージがあるけど笑える短編も多い。今生きていたら、お笑い芸人になっていたんじゃないかな。組めたら(コンビを)組みたい」

 

このコメントは面白くて笑ってしまうが、笑いのセンスが感じられる。

 

参考記事

ピース・又吉、太宰治とコンビ結成を切望 : 映画ニュース - 映画.com

 

向井理

向井理ファースト写真集『ライカム』

 

愛読書を知りたい有名人ランキングでピース又吉さんに続いて2位にランクインされた向井理さん(ダ・ヴィンチ調べ)。 

 

最後はこの人の愛読書を見ていこう。

 

さびしい王様

さびしい王様

 

有頂天家族

 

 

参考ページ

何を読むか迷ったら…:有名人の愛読書まとめ - NAVER まとめ

「王様のブランチ」読書LOVERS:向井理(2013/1/5) | 向井理ファンサイト

スポンサーリンク