【茂木健一郎】英語多読の名言・動画まとめ|熱すぎる英語学習法。

どうもフロッキーです。

英語多読といったら茂木健一郎さんだと思います。とにかく熱い!

スポンサードリンク

今回はそんな茂木健一郎さんの「英語多読」に関する発言をまとめます。

僕も茂木の影響を受けて多読をスタートしました。

【初心者】英語多読に超絶おすすめ本まとめ12選。読みやすい洋書レベル別。

原書を多数読むのが一番良い

英語を学習したいという人に、いろいろと話した後で、こんなことを聞かれるとがっかりする、という質問がいくつかある。

その代表的なものが、「茂木さんのオススメの英語の本を教えてください」というものだ。

言われた瞬間がっかりして、力が抜けてしまう。

ダメだ、こりゃあ、と思う。

もちろん、決めつけるわけではないが、かなりテンションが下がる。それ以上話す気がなくなってしまう。

こんな質問が出るのは、例えば次のような話をした後だ。

  • とにかく、たくさんの英文を読まないといけない。
  • 原書を多数読むのがいちばんいい。
  • ぼくは、高校3年間で、原書をだいたい30冊くらい読んだ。
  • 最初に読んだものの一つが、『赤毛のアン』だ。
  • 読み始めは、頭の中でボルトとナットがぎりぎりと音を立ててうまく回らないようで、苦しかった。それが、我慢して読んでいると、だんだんすらすら読めるようになってくる。
  • 読んだ英語の本を足元に積み重ねた分だけ、高いところから、遠くまで世界を見渡せる。

そんな話をした後で、「ご質問は」と聞いて、「茂木さんのオススメの英語の本を教えてください」と言われると、「なんだ、何もわかっていないじゃないか」と思ってしまうのだ。

もっとも、そうなってしまったのは、日本の教育のせいなのだけれども。

スポンサードリンク

茂木健一郎さんが考える、英語の本選びでやってはいけないこと

自分の学びのテクストは、自分で選んで良い。

日本では、世の中には正解があって、その「教科書」のようなものがあるという前提での教育が行われている。

何しろ、教科書を「検定」して、その内容に「お墨付き」を与えるようなやり方が続いているのだ。

その結果、自分の好きなことを、自分の好きなペースで学んで良いという、当たり前の事実が見逃されてしまっている。

自分の学びのテクストは、自分で選んで良い。

そもそも、何に興味を持っているかは、人によって違う。ガーデニングに興味があるのかもしれないし、恋愛文学が好きなのかもしれない。カナダのケベック州など、特定の地域に関心が高いのかもしれない。

茂木健一郎さんが考える、英語の本選びでやってはいけないこと

辞書を引きながら読むのか、わからなくても読むのか

原書を読む時に、辞書を引きながら読むのか、それともわからなくてもとにかく読むのがいいのか、というのもよく聞かれる質問だが、それも、自分で好きなように、調整しながらやっていって良い。

辞書を引いて、単語の意味を確かめながら読んでいくやり方にはそれなりのメリットがあるし、わからなくてもとにかく読んでいくということにも、それなりのメリットがある。

とにかく、自分自身でいろいろと試してみながら、少しずつやっていくしかないのである。

茂木健一郎さんが考える、英語の本選びでやってはいけないこと

とにかくひたすら聞く、読む

とにかくひたすら聞く。ひたすら良い英文を読む。それを繰り返して、英語のパターンを覚えていく。これに当たります。これは必須ですが、必ずしもみんながやっているわけではありません。

英語「を」学ぶのではなく、英語「で」学ぶこと。

英語の勉強の仕方だけれども、英語「を」勉強すると思っているからいけないのであって、英語「で」日本語圏では接することのできない情報にアクセスするというように意識を変えると、俄然と意味が深く強くなる

英語「を」学ぶのではなく、英語「で」学ぶこと。あるいは好奇心爆誕。

ツイッター上の発言もまとめます

日本の教育と、システム、思想が根本的に違うことを知った。

英語は、TOEICのスコアのことではない。

Youtube動画もまとめます

英語を得意にする方法を茂木健一郎が語る 学びに『感動』があれば必ず伸びる

英語を得意にする方法を茂木健一郎が語る 学びに『感動』があれば必ず伸びる

脳を活かす勉強法。「多読」

脳を活かす勉強法。「多読」

【茂木健一郎×加藤友朗】 神の手をもつドクターの最短英語学習法

【茂木健一郎×加藤友朗】 神の手をもつドクターの最短英語学習法

なぜ英語が出来たか〜茂木健一郎の感慨深い話

なぜ英語が出来たか〜茂木健一郎の感慨深い話

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUT US

フロッキー
「働かない」がモットー。英語、学問を究めたい。多動。