読書と仕事の効果を調べる!読書しないで成功した経営者はいるのか。

スポンサードリンク

 

f:id:azuan65:20160613221408j:plain

 2016年 12/30 再編集

どうもフロッキーです。

 

読書はビジネスで成功する上で必須ではないかと思わざるを得ないほど、世の中は読書の重要性を強調している。

 

確かに僕も孫正義さんやビルゲイツの読書量を聞くとそのように感じる。

 

世界的に有名な経営者の習慣は「読書」!3人の経営者たちの愛読書とは? – ブックオフオンラインコラム

から引用すると

孫正義

起業後わずか2年で肝炎を患ってしまうのですが、その入院期間3年半のあいだに読んだ本はなんと3,000冊。

 

ビル・ゲイツ

毎日平均1時間以上、週末はもっと長い時間本を読み、就寝前の読書は“眠りにつくまでの過程”として特に習慣づいているようです。

 

しかしこのような意見を聞くと、反対の意見も聞きたくなる。

 

そこで今回はビジネスで成功するには読書をしなくていいという意見を展開されている人を探してみた。

 

 

検索スタート

f:id:azuan65:20160613224534j:plain

 検索キーワードとしては

「読書しない」「読書しない成功者」

「読書しない経営者」

「読書 経営 必要ない」

「本を読まない 成功」

など様々な検索ワードで調査してみました。

 

その結果・・・

charcoalblacks.org

enrique5581.net

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

invests-vision.com

 

上記によると

 

あの頭がいい化け物のような感じのする大前研一さんですら、「私はほとんど本を読まない」と言っている。

 

成功するために本読むとかお前バカ?

読書しなくてもいいじゃない。

 

 と否定的な意見があった。

 

しかしよく考えると・・・

f:id:azuan65:20160613230000j:plain

 上で取り上げた記事の主張をまとめると

スポンサードリンク

 

「経営のプロである大前さんは読書してないぞ!」

「ホリエモンは成功のための読書は馬鹿だって!」

「成功者は読書してるから読書しようは間違い!」

 

ということが主張されている。

 

大前さん

大前研一 日本の論点2017-18

しかし大前さんの場合は成功する前にたくさんの読書をしていて

現在読書する必要はないという可能性

が否めない。

 

それに確か

 の中で

「ビジネス書に書かれていることはほとんど知っているから読まない。強いて読むなら科学とかかな」

と言っていたと記されている。

 

そして大前さんが大切にされているのは

とにかく考えて実践すること

ということだ。

ホリエモン

面白い生き方をしたかったので仕方なくマンガを1000冊読んで考えた →そしたら人生観変わった

そしてホリエモンは

成功のためではなく読書は好きでするもの

 

とむしろ読書は好きでするものことが大切という肯定的な意見であった。

 

それに茂木健一郎さんの

 

を読む限りでは、ホリエモンは陰でめちゃめちゃ勉強しているようだ。

 

?が3つ浮かぶ人

最後の方は一般の人だが

成功者がしているから読書するのでは意味がなく、必要に迫られれば読書するので無理する必要なし

とのことで、読書を否定いるわけではない。

 

まとめ

f:id:azuan65:20160612175924j:plain

 

情報が上がりやすいインターネットで1時間程度検索しても

 

成功するために読書は必要はないという決定的な理由を見つけることは出来なかった。

 

それによって読書の価値は再確認できたが、読むだけではだめで

考え方や実践が大切

だということも意識する必要があることが分かった。

スポンサードリンク

5 件のコメント

  • はじめまして。
    読書完全否定派のニート風経営者です。
    ヘッジファンドの運営である大台の利益を出したのでちょっとした成功者かもしれませんが他人の評価をゴミ扱いしているので意識はしていません。
    他には中国でエロ系のコスプレイベントや高級イタリアンを準備中です。
    前者は中国の投資家に企画とノウハウを渡して、あとは丸投げ。下手に参入して当局に半年拘束される人がいたりで、参入障壁が高くてライバル不在。
    後者は良い立地にある高級イタリアンシェフが友達の友達にいたのでヘッドハンティングしてお金だけ用意して後は丸投げ。
    こういう発想は読書では培われないと思っています。
    ただわがまま言ったら(前者は僕の性癖を開示しただけ)相手が乗ってきてくれただけで僕は何の知識もいらない。
    やってることは利益の2割くらいしか懐に入れないこと。
    ちなみに読書したのは嫌々金持ち父さん読んだのと、小学生の時に半強制的に読まされたくらい。
    過去にリーマンショックで仕事をなくしてアパート追い出されたり、ホストやキャバクラで働いたり、口が悪いプログラマとして普通に働いた事もあります。
    言語の勉強はネット閲覧とヘルプを参照でした。
    読書は他人の二番煎じなのが非常に気に入らないです。
    本買いた人と仕事する事もあるし、その書作物がある人の思考にイライラして文句言うことも結構あります。何でそこに気が付かないわけ(怒)。とか、普通気づくでしょ。って感じで。その人を苛つかせるけど重宝されていたりします。
    本読むより子供のままの発想をそのまま持つこと、その発想を提供して他人の知識を拝借する(やってもらう)それが出来れば成功できます。そうやってきました。

  • ×本買いた人と仕事する事もあるし、その書作物がある人の思考
    ○本書いた人と仕事する事もあるし、著作物がある人の思考

  • ただイタリアンが軌道に乗ったら、引きこもってネトゲしながら源氏物語を読みたいと強く思っています。
    ヒカルゲンジが年を重ねるにつれて精神の変化がどうとか、自我と自己の分断と融合が起きる様が書かれてるらしいので興味があります。
    読書はリタイア後のバカンスみたいなものです。

  • しまださん
    確かにただ漠然と読書していてもそのような発想は出てこないと思います。
    あと、しまださんのような発想をするにはビジネスや中国のコスプレ事情についての知識が必要不可欠なように思います。その知識がないとそもそも考えることはできないので、読書で得なくても人との会話やインターネットで情報を入手してどのように自分で考えていくかが大切みたいですね。

  • お返事ありがとうございます。
    どう考えても知識は後でした。
    こういうのがやりたい。が先で、対象国に詳しい人に聞いて、紹介の紹介の…で知識と人脈にたどり着きました。
    閃きとか欲望のままに思いつくことが大事。と言うかそれがないと開拓者にはなれないので殴り合いの市場から離脱できない。
    未知のものを想像するセンスがあるのかもしれません。
    知識が必要ではない。自分には知識が足りてないと思っているのは、意識高い系の集まりで発言力や存在感が無く孤立してしまいがちだから勝手に勘違いしているのかも。
    ちなみにそういう人たちに現金見せたら目の色変える所に苛ついたりしています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)