はてなからワードプレスへ。移行の面倒さとかかった時間。

スポンサードリンク

どうもフロッキーです。

久々の更新になります。はてなブログで記事を書くのに燃え尽きてから3か月ほど経ちました。

この三カ月ではてなブログからワードプレスに移行しちゃいました。

理由は単純で、はてなブログとワードプレスの信用度、web知識の勉強を考えたらワードプレスの方が良いと思ったからです。

はてなブログはhttps化になかなか対応しないし、htmlとcssは、はてな専用のものですから本当に極めるならワードプレスに移行する必要がありそうです。

しかし移行ってめんどくさい。僕も予想はしていましたがはやりめんどかったです。

そこで今回は

僕が行った手順

どれぐらい時間がかかったのか

をまとめます。

これではてなブログからワードプレスに移行するにはどの程度のめんどくさいのかが分かると思います。

「ワードプレス」の画像検索結果

概要

①無料移行サービスの羽田空港サーバーさんにメールを送る

その際に言われる手順が

①バックアップデータの作成、送付
②バックアップデータ送付後はリライトしない
③テストサイト確認
④テストサイトの内容で移行に同意
⑤サーバー等の契約
⑥サーバーのログイン情報やテーマを添付して送付
⑦新サーバーで移行準備開始
⑧準備完了後、ドメインのネームサーバーの設定を変更(ご自身で変更されても問題ありません。)
⑨HTTPS化する場合はHTTPS化(ネームサーバー変更後24時間程度)
⑩アイキャッチを自動で設定する場合はアイキャッチを設定(ネームサーバー変更後最大72時間後)
⑪移行完了

②アナリティクス、サーチコンソール、グーグルアドセンスの再設定

③ワードプレスのカスタマイズ方法、子テーマについて格闘

この3つの作業が完了すれば、ほぼはてなブログと同じ環境を再現できていると思います。

僕はこれらの作業完了までに合計5時間ぐらいかかりました・・・。

それではひとつずつ見ていきましょう。

1、無料移行サービス

この方のサービスを使えば、移行作業全体を100としたら一気に50は負担を軽くできます。半減です。

しかも条件は羽田空港さんのサイトからサーバー、ワードプレスのテーマを購入すること、移行完了後一か月以内に無料移行サービスについての記事を書くことのみです。

正直めんどくさがりは使うしかないと思います。詳細はこちら

スポンサードリンク

【無料】はてなブログからWordPressへの移行サービスについて

この作業を終わらせるのには、サイトが新しいサーバーなどに適応するのに、最大72時間ほどかかるみたいです。

僕が実際に契約などで手を動かした時間は1時間程度だと思います。

作業完了を待つ時間が2,3日という感じです。

2、アドセンスなどの再設定

アナリティクス、サーチコンソールに関してはどうということはありません。

WordPressをSearch Consoleに登録する方法

など方法をググれば2つは10分くらいで終わります。

問題はグーグルアドセンスの自動広告設定でした。

めんどくさがりなみなさんは当然、自動広告設定ですよね(笑)

僕も自動広告が開始されてからはずっとはてなで利用していましたが、どうもワードプレスでうまく設定できない・・・。

2018/8月時点では、答えを見つけることが出来なかったので自分で広告を挿入しました。そのためこれだけで2時間ほど。

3、カスタマイズ方法、子テーマ

おそらく、はてなから移行してきた人たちが最も苦戦するポイントです。

はてなでは、cssにぺっと貼ればよかったのですが、ワードプレスでは親テーマをそのまま編集できず、子テーマを使わないといけません。

しかもその子テーマの設定には「FileZilla Client」などのFTPソフトを使う必要があります。

この設定、分かれば怖くないのですがいかんせん、はてなブログ楽をしてきているので初心者の方はつまると思います。

この設定をうまいことやるのに2時間。

これだけではなく、プラグイン、カスタマイズなどワードプレス独自のルールが存在します。

まとめ

正直、かなりめんどくさいです。

はてなのように簡単にはカスタマイズできないし、プラグインなどの設定をいちいちしないといけません。

ただweb知識の深さを求めるならはてなブログというぬるま湯につかっているのではなく、ワードプレスに移行する必要があると思います。

僕もまだ初めて間もないのなんとも言えませんが、未来の自分の知識が深いものになることを信じて、ワードプレスに移行しました。

スポンサードリンク