飽き性フロッキーの雑記ブログ

好きなことを熱量が冷めないうちに文字にしている雑記ブログです。

MENU

両立は無理!浪人中にバイトしたら見事に落ちた話。勉強時間を削るな!

どうもフロッキーです。


浪人中って、勉強ばかりじゃあれだけバイトでもするか


と思う方も多いと思いますが


良い大学に入りたいなら絶対にしないほうが良いと思います。

504時間の勉強時間を犠牲に

僕は5月の終わりから12月の15日までの約7か月間アルバイトしておりました。


ブックオフです。

www.azuna0605.info

週3日で1日のシフトは午後5時から10時閉店ですが、実質の拘束時間は合計した6時間。
 

ということは

6時間✖3日✖4週✖7か月=504時間

を勉強時間を犠牲にしているわけです。1日6時間勉強するひとなら84日間ノー勉と同じ。

両立はできない

やはり勉強とアルバイトの両立は無理です。


みなさんの志望校がどこかは分かりませんが、少しでも良い大学、


僕で言えばマーチに行きたいのであれば、バイトなんかしてる場合でありませんでした・・・

f:id:azuan65:20180401042833p:plain

しかも浪人しているということは、受験にたいしてモチベーションが低いのではないでしょうか。


モチベーションが高い人は現役で合格してますからね。


それに自分の経験や周りをみても


バイトと勉強が両立できるような人が浪人するとも思えません(笑)


ブロガーのいけはやさんも

3年生の7月から翌年2月までの約8ヶ月間、ぼくは一日も休まず12時間机に向き合い、累計で3,000時間弱を勉強に投下しました。私立文系の上位校なら、「効率よく」3,000時間も投下すれば十分合格ラインに達する、とぼくは考えています。

http://www.ikedahayato.com/20131125/1187170.html

と言っているように本気で良い大学に受かりたいなら、バイトなんかしてる場合ではありません。


基本的に上記のようなモチベーションがない僕にとっては、休日は6時間がやっとでした。


ということは1年間まるまる費やしても2190時間にしかならないわけです。


おそらく浪人中1日6時間費やせばマーチには入れると思いますが、それ以上は厳しいと思います。


アルバイトに障害は↓の記事にも書きましたので、参考にしてみてください。


とにかく言えるのは、


良い大学に行きたいなら、合格者平均勉強時間を下回らないようにすべき!


ということです。

www.azuna0605.info