飽き性フロッキーの雑記ブログ

好きなことを熱量が冷めないうちに文字にしている雑記ブログです。

MENU

読書カンパを募ってみた理由。僕が価値を提供できること。

どうもフロッキーです。


パソコン版ではサイドバー、スマホは記事下にアマゾンギフト券でカンパを募ってみました。


今回はこのことについて説明いたします。

僕が世の中に価値を提供できること


ほかの人よりも少し得意で、毎日継続できることが価値を提供できるという条件になると思います。


その条件のもと自分が出来ることを考えました。すると

「本を読んで書評を書くというのは結構得意だな」

と思い至りました。

f:id:azuan65:20171028080011p:plain

本当に好きなことって止められてもしちゃうことですよね。


僕にとってのそれは完全に読書です。読書に目覚めてからの4年間というもの、息をするように読書を続けてきました。


本を読むのが本当に好きなんだなということを実感してます。


論より証拠ではないですが、今月使った読書代は29566円!


モテ本、好きな著者、経営、芸術、ブログなど幅広く35冊ほど買いました。

f:id:azuan65:20171028094919p:plain

このように僕には読みたい本がたくさんあります。読書をしようと思っている人に話を聞くと


「何から読んでいいかわからない」


という声をよく聞きます。その点で読みたい本がたくさんあるということはすでに強みになっていると思います。


というかそもそも読書したいという人が少ないですよね。データを見ると


「ヘビーユーザー層って月3冊でいいんだ(笑)」


という感じです。

www.1book.co.jp

しかも僕が好きなのは実用書です。ライトノベルや小説が好きなことはいますが、実用書が好きな人というのは本当に一握りだと思います。


このことからカンパを募ったら「こいつが読書代に使うというなら、少しぐらい援助してやってもいい」


と考えてくれる人がいるのではないかと思い、今回の企画を始めました。

アマゾンギフト券である理由

では僕が読みたい本を欲しいものリストにどんどん登録すればいいじゃん、と思う方もいると思います。


実は過去に登録したことがあり、3冊ほど届きました。

www.azuna0605.info

www.azuna0605.info

しかし本当に面白い本というのは10冊に1冊あるかな、というレベルのものです。


実際に読んでみないと分からないんですね。ですからほしいものリストで本を登録すると、


送ってもらった手前、自分が面白いと思ってなくても紹介しなければならないという最悪な事態になる可能性があります。


それを防ぐのがアマゾンギフト券です。アマゾンポイントであれば買う本を制限されることなく、好きな本を購入して、その中から面白いと思えた本を紹介することができます。


この選択の自由度が、好きの力を100%発揮するには必要だと思いギフト券なんです。

よろしくお願いします

というわけで紹介する本は、実用書が大半を占めると思います。


金銭に余裕がある方、応援よろしくお願いします。


www.amazon.co.jp