飽き性フロッキーの雑記ブログ

好きなことを熱量が冷めないうちに文字にしている雑記ブログです。

MENU

アニメを観る理由。量と質、大切なのかどっち?

コードギアス 反逆のルルーシュ SPECIAL EDITION ‘BLACK REBELLION’

どうもフロッキーです。

  • 新作アニメをたくさん追ったほうが良いのか
  • 自分の好きな作品、制作会社だけ追えばよいのか


アニメを観ていると、いつかこの問題にぶつかると思います。


そこで今回は僕たちは、なぜアニメを観るのかということを考えます。


結論を述べますと

自分で目的を決めてスタイルを確立させること

が一番大切だと思います。

量、質問題の本質

僕は量、質が問題ではないと思っています。


一番大切なことは目的です。

f:id:azuan65:20171006163855p:plain

つまり今回のタイトル通りなぜアニメを観るのか、という視聴者の目的次第でこの量、質問題は解決されます。


目的が最新のアニメについて友人と語り合いたいなら新作アニメを観ればいいし、


key作品をもっとみたいなら、過去作からさかのぼって観ればいい。


自分の目的次第で量、質の大切さは変わってくるということです。

楽しむのが最優先

僕の場合は自分が楽しむためにアニメを観ています。


自分が楽しむ、ということは面白いアニメの定義が必要ですが、


僕の定義は以下です。


訴えてくるものがあり、考えさせられる、十分な話数が担保されているアニメ。


訴えかけてくるというのは、感動、情熱などの主に感情です。このような作品を観るとだいたい喪失感にさいなまれます。

www.azuna0605.info


考えさせられるのは、ストーリーが凝っていて自分なりにいろいろ考えることが出来たりや言葉がかっこいい作品のことです。


ガンダムZ、銀河英雄伝説などの言い回しが好きです。


www.azuna0605.info

↑の記事でも書いた通り、アニメを楽しむには十分な話数が必要だと考えています。


13話で訴えかけてくる作品があればそれでもいいのですが、体感的に26話以上あるアニメが面白いと感じますし、


放送終了後も、名前が残るアニメが面白い可能性が高いと思うので、リアルタイムでは観ていません。古典、名著と一緒です。

一番大切なのは自分で目的を決めること

銀河英雄伝説 Blu-ray BOX スタンダードエディション 1

このように目的がはっきりすれば、アニメを観ることについての悩みはなくなると思います。


ただ僕も自分のスタイルを確立するのに、ずいぶんと時間がかかりました。


やはり実際に旧作、新作問わず、多くのアニメを観ていく中で、自分なりの目的を見つけるというのが理想だと思います。