飽き性フロッキーの雑記ブログ

好きなことを熱量が冷めないうちに文字にしている雑記ブログです。

MENU

面白いアニメは過去作の中にある!名作の探し方。

f:id:azuan65:20170925182352p:plain

どうもフロッキーです。


アニメを楽しむには大きく分けて


ストーリーや世界観を楽しむ
 

絵や好きなキャラクターを楽しむ


の2つがあると考えています。


どちらもアニメの重要な部分ですが、個人的にストーリーを重視してます。


そして、100タイトルほどアニメを視聴し、面白いアニメを探していくうちにある法則に気づきました。


それは少し前の有名な作品は面白いということ。


だから結論としてはストーリーが面白いアニメを知りたかったら


過去の有名どころをあたっていけば良いと思います。


ここからはなぜ名作アニメが過去作の中にあるのかということを考えます。

f:id:azuan65:20170925183842p:plain

僕が考える理由として

ストーリーを語る上で十分な話数を確保している

時間の波に晒されている

ということが挙げられます。

十分な話数を確保できる

内容や伏線をしっかり拾うためにはある程度の話数が必要ですよね。


1クール(13話)のアニメなら絵やキャラクターに頼って作品を完成させることはできます。


しかし露骨にキャラクターの萌え要素に頼っている作品はだいたい1クールしかありません。


それは絵やキャラクターだけで24話も作るのは確実にパワー不足だからです。


東浩紀さんではないですが


「女子高生の日常?正直そういうのはうんざりなんですよ」


f:id:azuan65:20170925183914p:plain


それに引き換え、2期が放送されるような作品は


ストーリーをしっかり考えないと26話もつなぐことはできないはずです。


これは勝手な持論だが、26話が適切な話数ではないかと思ってます。


これ以上では長すぎるし、13話だと短い。


銀河英雄伝説やガンダムシリーズなどの例外はあるものの


だらける回をなくし、良いストーリーの作品を作るには26話が適切ではないでしょうか。

駄作は淘汰されてゆく

表を見ていただけると、


2006年の新作アニメの数がバブルを迎えているのがお分かりいただけるはずです。

f:id:azuan65:20170925182326p:plain

つまりこれだけの新作アニメが放送された中で、現在まで残っているアニメは


時間というフィルター

    

たくさんの競争相手


をくぐり抜けてきているため、厳選されているということを表してます。


特徴がないアニメはどんどん淘汰され、本当に面白いアニメだけが残る。


その結果、面白い可能性が高いんです。


僕は何かの作品が面白いかどうかを調べるために、よく時間がどのぐらい経っているのかを参考にしています。