飽き性フロッキーの雑記ブログ

好きなことを熱量が冷めないうちに文字にしている雑記ブログです。

MENU

無趣味な人とオタクはどちらが魅力的なのか?

f:id:azuan65:20170925031131p:plain

どうもフロッキーです。


最近、趣味とは何かということを考えています。


その時にふと思ったのが「オタクと無趣味ってどちらが魅力的なんだろう?」


という疑問でした。


今回はこの疑問に僕なりの答えを書きたいと思います。


結論から書くとオタクの方が良いです。

前提条件!どんな人たち?

二つの用語を整理しておきましょう。


無趣味な人とは特に好きなこともなく休日はボーとテレビを見たり、友達と他愛もないやり取りをSNSでしているとします。


f:id:azuan65:20170925031221p:plain


次にオタクは自分の好きなことへの情熱がすごく、周りの人を気にせず好きな事の魅力をべらべらとしゃべりすぎてしまう人とします。


そして話すとしたら、魅力的な方はどっち?ということを決めたいと思います。

どちらもめんどくさい

f:id:azuan65:20170925031348p:plain

なぜかというと無趣味な人は、話の引き出しがなく当たり障りのない会話で終わってしまうからです。


おしゃべりな母は「どうでもいいことをべらべらとしゃべりたい!」


と言っていたのでこういう人が好みなのかもしれませんが、僕は嫌です。


話すならもっと建築的なことを話したい!


かと言ってオタクの人は自分の興味があることしか話さないと仮定するので、門外漢である僕からするとやはり面白くないです。


例えば一眼レフの話を永遠とされても全く興味がわかないかも。

オタクの方が魅力的な理由

しかしこの二人を客観的にみて、魅力がありそうなのはオタクの方です。


理由は以下の2つ。

自分で好きなことを選択している

自分もオタクに侵食される可能性がある

自分で好きなことを選択している

f:id:azuan65:20170925031442p:plain

好きなことに没頭するきっかけはいろいろあると思いますが、その好きなことを極めようと自分で選択していることが魅力的です。


オタクになるのを強いられてなれる人なんていないと思います。


そして一つのことを決断できる人はほかのことも決断できる可能性が高い。


そう考えると何も決めずにだらだらと日常を過ごしている人より、多少自分の人生は自分で決めるという気持ちがあるオタクの方がまだいいかなと思います。

オタクに侵食される可能性がある

f:id:azuan65:20170925031533p:plain

次にこれです。


オタクがどうしようもなく好きというには理由があるはずです。


ということは、最初は興味がなくてもオタクの熱弁により自分も好きになる可能性があります。


僕もバイト先の人が熱弁していたイーガールズが好きになったりしました(笑)

www.azuna0605.info

このように自分の趣味が増える可能性を考えるとオタクに軍配が上がります。

関連記事
www.azuna0605.info
www.azuna0605.info