飽き性フロッキーの雑記ブログ

好きなことを熱量が冷めないうちに文字にしている雑記ブログです。

MENU

田舎に暮らすということ。今考えると都会での生活は不自然。

f:id:azuan65:20170909052844p:plain

どうもフロッキーです。


僕はずっと都会に住んでいたから、都会での生活が当たり前だと思っていました。


しかし埼玉で一人暮らしを始めて自然に触れるということが大切だと分かったので田舎で暮らすことについて書きます。

そりゃ都会に比べれば不便

  • 図書館は規模が小さいし、本を予約してから届くまでに2.3日かかる。
  • ブックオフですら、自転車片道30分


というように車を所有していない身からすると交通の便が悪すぎます。


読書生活という面でも図書館の数、貯蔵数が世田谷と比べると桁違いに少ないため


情報収集も都会にいた時のスピード感では出来ません。


それに一番痛感したのはとにかく虫が多い。


ゴキ○リなんてデカさ、生命力が凄まじいですよ笑
これについては以下の記事で...。

www.azuna0605.info


イケダハヤトさんは虫は慣れるとおっしゃっていましたが、僕はまだ・・・(笑)

自然の存在意義

f:id:azuan65:20170910132225p:plain

だけど田舎には都会では体験できない風景を体感できます。


今まで都会から一歩も出たことがありませんでしたから、正直自然なんかいらないと思っていました。


しかし、ブックオフやスーパーを往復する際に


田んぼや川の近くで音、匂いに触れると今までに感じたことがなかった安らぎを体感しました。


なんというか自分の先祖が体験した世界はこういう自然に囲まれた世界なんだろうな、と。

f:id:azuan65:20170910133056p:plain
http://gigazine.net/news/20081008_evolution_stops_here/


確かに都会は書店、ツタヤなど娯楽を満たす店などがあふれていてとても便利。


だけど自然は一切ないコンクリートや道路ばかりです。


動物としての人間を考えれば都会の生活は明らかに不自然です。


自分が今まで当たり前だと思っていた環境はいびつだったことを痛感しました。


この不自然さと人口が多すぎることが、都会の住みにくさ、ストレスを生み出しているのかもしれませんね。

肌で感じる経験の大切さ

f:id:azuan65:20170910132302p:plain

都会のスーパーを辞める際に副店長が


「20代で親元を離れて一人で暮らす経験は重要だぞ」


と言っていましたが、本当に貴重な体験になっています。


知識に頼らず、行動することが大切なんですね。


城の外に出たことがないけど、本などの情報であたかも自然が分かっている気になっている王様になっていはいけないのです。


これからもこのような肌で感じる体験をどんどんしていきたいと思います。