GIANT KILLING

読書、ピアノ、一人暮らしなどどんどん雑記として配信しているブログです。

ジャンル別!自分の目的に合った本の探し方を紹介。

f:id:azuan65:20170607133221p:plain

どうもフロッキーです。


本の探し方の前に


読書する理由を決める必要がある。


本を読む理由は大きく分けて

自分の知識を広げるため

読書を楽しむため

自分のスキルをアップさせるため

の3つがあると思っている。


今回はその3つの読書にあった探し方をそれぞれまとめてみた。

自分の知識を広げるための読書

ベストセラーから親書を選ぶ

新書がベスト (ベスト新書)

ベストセラーである理由と親書である理由を説明する。


ベストセラーであるのは、自分の過去の好みから選ぶことにより自分の幅が狭まってしまうのを防ぐためだ。


自分の興味に任せて本を選ぶと特定の分野しか知らない専門バカになってしまう。


ある分野の専門知識も、もちろん必要だと思うが幅広く学ぶ方がもっと大切だ。


また多く売れているということは、その本を読むだけで日本の流行を知れるのでそれも大きい。


次に親書である理由だが単純にすぐ読めるし、安い。


自分の知識を広げるという観点からも、本をすぐに読めるスピーディーさは重要だ。


ベストセラーの中でも長期的に売れているロングセラーも合わせて選びたい。

人のおすすめ本から選ぶ

f:id:azuan65:20170607133006p:plain

人に本を勧めるときに、評者(おすすめする人)はかなり考える。


だからタイトルだけで選んだ本をよりも誰かのおすすめ本を選ぶ方が、良書に出会う確率は高まる。


ただし、評者と自分のレベルがかけ離れていないかを注意したい。


というのも関連分野を何冊も読むと、その本の良さが分かるということもあるから

「なんだよ、おすすめの本読んだら難しくてよく分かんないわ」

というのは単純に自分のレベルが足りない可能性もあるからだ。

図書館、書店でタイトルから探す

f:id:azuan65:20170607133028p:plain

とはいうものの知識を広げる読書のためには、ランダム性を取り入れたい。


そのために図書館などでタイトルから探してみるのもありだ。


というのも図書館や書店をふらふらと歩くだけで何百冊ものタイトルを見ることができるし、実際にパラパラと内容を確認できる。


ちらっと見て読めそうだったら未分野の本でも挑戦できる。

楽しむための読書

好きな著者から探す

f:id:azuan65:20170607133058p:plain

先のようにあらゆる本を読んでいると「この人とは気が合うな」という著者が必ず現れる。


そういう人の著作をどんどん読んでみるのもおすすめ。


その人の考えをさらに深く学ぶことができるので、さらに好きになるかも。

おすすめの小説から探す

f:id:azuan65:20170607133111p:plain

小説を読めながらリアルに風景を思い浮かべながら読む行為は、IQを高める効果があるそうだ。


なにより面白い小説はハラハラドキドキして読んでいるだけで冒険している気分になれる。


ノンフィクションの本から新たな知識を学べることもあるが、やはり楽しむことを第一に小説は楽しみたい。

スキルアップのための読書

英語多読で英語力を上げる

f:id:azuan65:20170607132947p:plain

僕が信じているのは

英語は英語で学ぶのが一番という方法論だ。

その際に英語多読というのは確かに効果的だが、なんせ1から読んでいくので時間がかかる。

www.azuna0605.info

でも書いたが、受験などの期限がある場合は全くおすすめできない。


しかし大学生は時間に余裕があるので、英語多読が効果的だ。


それを身をもって証明するために現在も多読を実践中だ。

プログラミング言語を学ぶ

f:id:azuan65:20170607133134p:plain

ブログのカスタマイズなどでたびたびプログラミングに接してきたので、自分でカスタマイズできるように僕は勉強しているが


Facebook元役員が

「プログラミングを学ぶのなら、生涯仕事に困らないことを私が保証しよう。」


と言っているように、プログラミングをしておけばとりあえず就職にも困らないだろうから


ブログをやっていなくてもプログラミングを学ぶことに意味はあると思う。


そのために大学の図書館で入門書を借りて、プログラミングするのはおすすめだ。