GIANT KILLING

読書、ピアノ、一人暮らしなどどんどん雑記として配信しているブログです。

ピアノの種類をざっくり特集4選!これでグランドピアノから電子ピアノの特徴が分かる。

どうもフロッキーです。


今回はピアノ購入を検討されている方のために

「ピアノってどれだけ種類あるの?」

「細かなとこはいいからざっくり教えて」

という疑問を解消していきたい。

ピアノ

グランドピアノ

f:id:azuan65:20170531141218p:plain

相場70万~300万

言わずと知れた王道ピアノ。


音が一番良いためコンサートなどで用いられるが、一般的な家庭には大きくて置けない。


値段も安くて70万からなので大学生が買えるはずもなく・・・。


しかし、いつかグランドピアノでというかすかな野望は誰しもが持っているはず。


その野望のためにはキーボードの質感を意識する必要があって、弱いタッチで弾けるものを買うと変な癖がついてしまう危険がある。


まあとりあえずこれを買っておけば、細かいリズムもできるし音質も担保されているから


極めたい人向け。

アップライトピアノ

f:id:azuan65:20170531141305p:plain

相場10万~100万

グランドピアノをコンパクトにしたバージョン。


音質や連打できる回数とかもグランドピアノに比べれば劣るが、プロの人でも家にはアップライトしかなかったという人が多いそう。


だから相当音質とかにこだわらない限り、アップライトでも十分すぎる。

ハイブリットピアノ

f:id:azuan65:20170531143221p:plain

相場50万

グランドピアノを弾きたいけど、スペース的にアップライトしか置けない・・・


と悩まれている人には朗報。


どの商品にも要素を組み合わせるというものはあってピアノも例外ではない。


NU1ならアップライトのスペースでグランドピアノに似た演奏ができるようだ。


絶対変な癖はつけたくないという人はこれがいいかも。

電子ピアノ

f:id:azuan65:20170531141833p:plain

相場4万~10万

一番手の届きやすいピアノ。


僕はいろんな家電量販店を回った結果


約4万円の

KORG 電子ピアノ LP-180-BK 88鍵 ブラック
KORG 電子ピアノ LP-180-BK 88鍵 ブラック


を買うつもりだ。


これは弾いているときにカタカタ音がならないからアパートでも安心。


初心者は電子ピアノで間違いない。


次にキーボード編をまとめたい。

スポンサーリンク