GIANT KILLING

好きなことを熱量が冷めないうちに文字にしている雑記ブログです。

MENU

大学生の一人暮らしに仕送りはいくら必要?子供を甘やかすことになるのか。

どうもフロッキーです。


結論から書くと、仕送りはb>家賃分+1万が上限。


少なくしたい場合は家賃だけでもいいと思う。


僕の場合で言うと家賃3万+1万円=4万円ということになる。


以下の文章ではこの理由を書く。

様々な大学生

f:id:azuan65:20170501211452p:plain

僕の周りには様々な人間がいる。


月にかかる金額はすべて自分で稼ぐ必要がある人


家賃10万のマンションに住み、すべての生活費を仕送りしてもらっている人


果ては財布に諭吉が何十枚と入っているボンボン


このようにその大学生の家族の経済状況によって、仕送りの金額はばらばらだ。


この時に仕送りする側の親は


「いくらが適切なのかしら?」


と思うことだろう。

甘やかさないために必要な2つ

f:id:azuan65:20170501211611p:plain

この問題を考える時に考えるべきことは

お金がないと何もできない


お金は必要以上に与えてはいけない


ということだ。


この二つを明らかにすることによって、生活に苦しむことなく自立的な生活を大学生の子供にさせることが出来る。

お金がないと何もできない

f:id:azuan65:20170501211622p:plain

甘やかさないために仕送りはしないという選択肢は確かに一理あると思う。


しかしこれは子供の活動時間の選択肢の幅を大きく狭めてしまう。


まず大前提としてお金がないと何もできない。


趣味はおろか、明日の生活すら危うい。


それを回避するために一般的な大学生が働こうと思えば、アルバイトぐらいしか選択肢がない。


アルバイトとは自分の時間を時給に変えるものだ。


僕の埼玉のアパートは家賃3万と割と安いところだと思うが、そんなとこに住んでいても最低5万円は生活するためだけにかかってくる。


これを自分の趣味代まで稼ごうと思うと、どれだけ働く必要が出てくるのかということだ。


当然好きなことが出来る時間は大幅に減る。


こんな生活で勉学に励み、自分の好きなことを極めるなどほぼ不可能だ。

お金は必要以上に与えてはいけない

f:id:azuan65:20170501211640p:plain

といっても大金の援助は子供をだめにする以外の何者でもない。


これは特に何もやりたいことがない子供に対する場合は特に危険だ。
(この時点で親の責任ではあると思うが)

こういう場合は働くという体験をさせることは意義があると思う。


だからさきほどの家賃3万+1万だったら、ふつうは食費が足りなくなるから残りは自分で稼いでくるというスタイルでいいのではないだろうか。


その分は自分でアルバイトをするなり、ブログで稼ぐなりさせるのが良いと思う。