GIANT KILLING

読書、ピアノ、一人暮らしなどどんどん雑記として配信しているブログです。

アルバイトをやめる時は、自分のためにお菓子を絶対に買ったほうが良い。

f:id:azuan65:20170327175750p:plain

どうもフロッキーです。


「バイトをやめるときにお菓子を買うのは、同じ職場の人のためでしょ?


とこの記事タイトルを見た人は思うかもしれない。


もちろんその側面もあるが、最近アルバイトをやめてみて確信した。


お菓子を感謝を込めて配るという行為は自分のためでもあるのだなあと。

一生に何回本当のありがとうを言われるのか

f:id:azuan65:20170327175810p:plain

日本はありがとう、ごめんなさいという言葉があふれている。


店に入ったらいらっしゃませ!


商品を購入したらありがとうございます!


電車で方が少しだけ触れるだけでごめんなさい


相手を思いやるという気持ちが強いから、このように様々な場面でこれらの言葉が聞けるのだと思う。


だけど本当に心がこもっているありがとうという言葉を人は一生のうちに何度聞くことが出来るのだろうか。


店などでいってもらえるありがとうは言ってみれば、形式にすぎない。


本当に気持ちを込めて言ってくれる店員さんもいるだろうが、その定員さんは僕が何もしなくても言ってくれるし、ほかのお客様にも言ってる。


そう考えれば、自分が誰かに何らかの行動をすることによって、感謝の気持ちを表すという本来のありがとうとはやはり違う。

やめる人は感謝されるのが当然か

f:id:azuan65:20170327175850p:plain

もちろんお菓子などを配らなくても、仕事をまじめにこなしていた人に対しては


その職場の方々は本当のありがとうを送ってくれると思う。

だけどその職場はそのやめる人だけで回っていたのか。


そんなことはなくてみんながお互いに連携し、助け合うことによって回っていたと思う。


あなたも入った当初は右も左も分からなかっただろうけど


周りの方が、教育に時間を費やしてくれたことによって


あなたの労働に時給という名の価値が出るまでにしてくれたと思う。


そういう意味では、むしろやめる側の人間が今までありがとうございました!と言わなくてはいけないはずだ。


その延長として本当に感謝の気持ちがあるなら、そんな何十万もするわけではないお菓子を職場の方々のために購入するということをしてもよいのではないだろうか。


この職場の人に本当に感謝しているという気持ちと、お菓子を購入するという行為が重なることによって


やめる自分は感謝の言葉とともに、お菓子で自分の気持ちを最大限伝えることができるし


もらう職場の方々はやっぱりお菓子をもらえるとうれしいし


「わざわざお菓子も買ってきてくれるぐらいこの職場が好きだったんだね」


ウィンウィンの関係になることができる。


立つ鳥跡を濁さずではないが、このようにたったお菓子を買うという行為だけで


f:id:azuan65:20170327180432p:plain


退職が、最高の別れに出来るのであれば


僕は自分のため、そして職場の人のためにお菓子やお土産を買うことを、ぜひするべきだと思う。