GIANT KILLING

好きなことを熱量が冷めないうちに文字にしている雑記ブログです。

MENU

歯ブラシだけでは不完全!デンタルフロスとワンタフトブラシの必要性。

f:id:azuan65:20170321004529p:plain


どうもフロッキーです。


「歯みがきって歯ブラシでするもんでしょ?」


という方は多いと思う。


「その歯みがきは万病のもと」によればデンタルフロスの使用率は19.4%だそうだ。


その歯みがきは万病のもと デンタルIQが健康寿命を決める (SB新書)



つまりこれだけで歯みがきはOKということだ。


f:id:azuan65:20170321001410p:plain


しかしこれだけのブラッシングでは歯垢除去率は6割ほどだと言われている。


(えっ歯みがきって食べカスを取るためじゃないの?というかたはこちら)
www.azuna0605.info


残った4割の歯垢がやがて歯石となり、特殊な器具を使用しなければ自力では除去不能となる。


そうなる前にデンタルフロスやタフトブラシを活用することによって出来るだけ多くの歯垢を取り除くことが必要になるわけだ。

歯磨きを道路掃除に例えると

これらの器具が必要となる理由を考えるにあたって、道路を掃除する時を想像してほしい。


道路をブラシで掃除する際に、掃除しにくい場所といえば溝や何かの隙間だと思う。


平らな平面は範囲は広いがそこまで掃除は大変ではない。


f:id:azuan65:20170321002711p:plain


これを歯に置き換えてみると


平面が歯の表面、溝や隙間が歯と歯の間や歯と歯ぐきの接触部分となる。


f:id:azuan65:20170321005111p:plain


これらの部分を歯ブラシだけで磨こうと思ってもなかなか磨けない。


であるから、デンタルフロスやタフトブラシが必要になってくるのだ。

器具の紹介と使用用途

それではそれぞれの器具の紹介をしていきたい。


デンタルフロス

f:id:azuan65:20170221215309p:plain

歯と歯の掃除の際に用いる。それは必須アイテム。


「歯をみがいてはいけない」の著者は、外出先で歯磨きをする必要があるときは


歯ブラシではなくデンタルフロスのみを持参するそうだ。


歯はみがいてはいけない (講談社+α新書)


つまりデンタルフロスの方が歯ブラシより何倍も大切ということだ。


ワンタフトブラシ

プラウト Plaut × 4本 アソート (S(ソフト))

親知らずや奥歯といった、歯ブラシではブラッシングしにくい歯ぐきの部分をこれで磨く。

歯間ブラシ

小林製薬のやわらか歯間ブラシ 細いタイプ SS-Mサイズ ゴムタイプ 40本

これは主に歯間の部分を磨く。


あったことに越したことはないが、歯磨きの手間を考えるとデンタルフロスとワンタフトブラシだけで十分だ。


まずはデンタルフロスの購入を検討していただきたい。