読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GIANT KILLING

読書、ピアノ、一人暮らしなどどんどん雑記として配信しているブログです。

作品を楽しむ媒体は漫画が最強説。

どうもフロッキーです。


創作物を楽しめる媒体には様々なものがある。


代表的なものはアニメ、漫画、小説、ライトノベル、PCゲーム、劇場版、実写化などがある。


最近、僕はこの媒体の中でも漫画があらゆる点を考慮して最強な媒体だと思っている。


今回はその理由に迫りたい。

原作である率が高い

亜人(9) (アフタヌーンコミックス)


創作物には原作というものがある。


これはある作品が一番最初に作られた媒体のことだ。


例えば、クラナドはPCゲーム、ブリーチは漫画が原作となる。


面白い作品ほど需要が見込まれてアニメ化、ゲーム化されたりして多ジャンルに作品が広がる。

BLEACH BEST TRAX

その際に原作を観た層、アニメ化した作品を観た層など様々な層に分かれる。


この層の中でもちろん一番最強なのはすべての媒体を楽しんだ層だ。


漫画も読んだし、アニメも観たし、実写化された映画も観たという層だ。


だけどこの楽しみ方は、金銭的、時間的にかなり大変だ。


そこで、一番手っ取り早くて強いのは漫画だと思うわけだ。


なぜなら漫画が原作である可能性が高いからだ。

冬アニメ2017で見てみると

f:id:azuan65:20170209232550p:plain

となる。

このように、媒体がアニメにも関わらずにほぼ半数は漫画が原作という結果になった。


具体策を挙げておくと

亜人ちゃんは語りたい
亜人ちゃんは語りたい(1) (ヤングマガジンコミックス)

青の祓魔師 京都不浄王篇(第2期)
青の祓魔師 京都不浄王篇 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

鬼平
鬼平犯科帳 64 (SPコミックス SPコンパクト)

昭和元禄落語心中(第2期)
昭和元禄落語心中(1) (ITANコミックス)

弱虫ペダル NEW GENERATION(シリーズ第3期)
弱虫ペダル 1 (少年チャンピオン・コミックス)

などがあった。

参考サイト

www.barasa88888-animegame-blog96.com

【2017冬アニメ】漫画原作の新作アニメ番組一覧 | ほんのひきだし

ではなぜ原作の方が良いのだろうか。

情報量が多い

f:id:azuan65:20170210003105j:plain

これは

www.azuna0605.info

にも書いたことだが


原作が情報量が一番多い可能性が高いからだ。


これは誰かと一つの作品について話す際に如実に表れる。


例えばベルセルクの新作アニメを見た人漫画をすべて読んでいる人がいるとする。

ベルセルク 35 (ヤングアニマルコミックス)

新作アニメのストーリーは黒い剣士の一部から断罪篇までであるからwikiを見れば


2.1 黒い剣士(1 - 3巻)(冒頭だけ一部)
2.2 黄金時代(3 - 14巻)
2.3 断罪篇(14 - 21巻)
 2.3.1 ロスト・チルドレンの章(丸ごとカット)
 2.3.2 縛鎖の章
 2.3.3 生誕祭の章

2.4 千年帝国の鷹(ミレニアム・ファルコン)篇(22 - 35巻)
 2.4.1 聖魔戦記の章
 2.4.2 鷹都(ファルコニア)の章
2.5 幻造世界(ファンタジア)篇(35 - 巻)
 2.5.1 妖精島の章
 2.5.2 遠い日の春花

ということが分かる。


それに対して漫画を読んでいる人はこのすべてのストーリーを把握している。

2.1 黒い剣士(1 - 3巻)
2.2 黄金時代(3 - 14巻)
2.3 断罪篇(14 - 21巻)
 2.3.1 ロスト・チルドレンの章
 2.3.2 縛鎖の章
 2.3.3 生誕祭の章
2.4 千年帝国の鷹(ミレニアム・ファルコン)篇(22 - 35巻)
 2.4.1 聖魔戦記の章
 2.4.2 鷹都(ファルコニア)の章
2.5 幻造世界(ファンタジア)篇(35 - 巻)
 2.5.1 妖精島の章
 2.5.2 遠い日の春花


ベルセルクを通してより深い話をしようと思ったらストーリーがカットされていない漫画を読んでいるほうがはるかに良いのが分かる。

まとめ

コミックレンタル

今回は漫画が

原作である率が高い点

原作が情報量が多い可能性が高い点
から最強ではないかという説を提案した。


これは創作物以外、例えば英語が原書の本、古典などにも言えることだと思うので、原作に触れるということを大切にしたい。