GIANT KILLING

読書、ピアノ、一人暮らしなどどんどん雑記として配信しているブログです。

無趣味を改善!自分に合った趣味、好きな事の探し方。

f:id:azuan65:20170203000804j:plain

どうもフロッキーです。


他の記事で何度も言っているが、趣味とは


誰の役にも立たないんだけど、本人が自発的に好きでやってしまうこと。


だ。つまり自分が面白いと思って何年でも続けられるものであれば何でも良い。



ただし本人にしか自分の好きなものは分からない。


だから僕は具体的な趣味よりもどうやって趣味を見つけるかにフォーカスしたい。


そのために今回の記事では

自分の過去から探す方法

書店をめぐって可能性を広げる

実践の大切さ

から書いていきたいと思う。

まずは己を知る。

最高の戦略教科書 孫子


何歳の人が趣味を作ろうとしているのかは知らないが、趣味を作る前に一つ自分に問いかけてほしい。


今の私に全く趣味はないのか?と。


あなたがどういう人生を歩んできたのかは分からない。


受験戦争で勝つためにひたすら勉強だったのか、はたまた部活三昧だったのか、帰宅部でひたすらにごろごろしていただけなのか。


だけど過去の自分が何かに時間をかけてきたという事実は残っているはずだ。


そこから趣味になりうるものを探す。


例えばひたすら勉強だった人は、知的好奇心を満たすために読書をして、参考書には書かれていない深い部分を勉強してみるとか


テレビだけをごろごろ見ていた人は、自分がどのような番組を好んでいたのかを知り、自分が好きな芸能人が見つかったのであれば、その人のライブや講演会に行ってみるとか


いくら趣味がないとはいえ、椅子に座って本当に何もしていないということはないと思う。


自分の行動の中から趣味になりうるものが見つかるはずだ。

大型のブックオフもしくは書店をめぐる

f:id:azuan65:20170203001037p:plain

これらの書籍などを販売する店には王道の趣味たちが集まっている。

自分を知った後には、どのような娯楽があるのかということを知るもの大切だと思う。

大型とわざわざ書いているのは、商品数が多い方がより自分の好みに合う確率が高まるからだ。

ここでは、ブックオフと本屋の2つに分けて趣味の探し方を見ていきたい。

ブックオフの場合

f:id:azuan65:20170203001114p:plain

便宜的にブックオフと書いているが、ゲオでもその他の店でも良い。


ブックオフは書店よりも漫画や小説が多いため娯楽の要素が大きい。


だからいきなり読書はちょっとという方はブックオフで漫画やゲームを探すのもいいかもしれない。


ただしブックオフで注意すべきことは


ブックオフの在庫は9割以上が買い取られた商品だということだ。


つまり元の持ち主が


「この漫画や本はもういらないな」

と言って手放したものが集まったのがブックオフということだ。


ということは、書店とは違って一人の人間が自分の家に置く必要がないと判断した商品が並んでいるということだ。


だからお金がないうちは、ブックオフや図書館を利用するのはアリだが


本当に自分の判断で漫画や書籍を選びたいと思うなら、新品が並んでいる書店で実際に自分の目で判断することをおすすめする。

書店の場合

f:id:azuan65:20170203001214p:plain
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1411/04/news047.html


書店は、趣味の宝庫だ。

そこには自分が知らない世界が広がっている。


その中から自分の趣味になりそうなものについて書かれている本を探す。


書店をふらふら歩いていれば、必ず自分が興味のある分野で足が止まるはずだ。


その分野が見つかったら気になる本を何冊か探してパラパラ見てみる。


その際に注意するポイントは2ページぐらいを実際に読んでみるということだ。


パラパラ見るだけだとなんだが魅力的に思えるが、家に帰っていざ読もうとすると文体が合わなかったり、全然興味が沸かない内容だったりすることがある。


それを防ぐために書店で実際に読んでみることをおすすめする。

それ以外の趣味を探してみる

f:id:azuan65:20170203001304p:plain

万が一、これらの行動を実際に実行してみてもいまいちピンとくるものがなかったとしたら、見落としているか、何か他の趣味があるのかもしれない。


だけど僕の勝手な推測だと、上の行動を実行すれば何かしらの成果は出るはずだ。


僕の妹も趣味がないと嘆いているが、自分で趣味を探そうとはしていない。


ただ嘆いているだけなのだ。

それでは何も得られないということは分かっているのに、何かと理由をつけてだらだらとしている。


だから趣味を作りたいという人はまず行動することをおすすめする。

スポンサーリンク