飽き性フロッキーの雑記ブログ

好きなことを熱量が冷めないうちに文字にしている雑記ブログです。

MENU

騙されないための方法。勉強不足や無知で都合よく使われないためには。

どうもフロッキーです。


この記事では騙されないために必要なこととして


信じないスタンスを身に付ける


騙されないために情報収集をする

の二つを軸に話していきたい。


まずは旧千円札を知らないがために騙されているJKのツイートを見ていこう。

大人にだまされる

先日、ツイッターをたまたま見ていたら

というものがあった。


まず大前提としてこのツイートがやらせではないと仮定する。
※僕は普段テレビなどでこのようなものがあるとだいたいやらせだと決めてかかる。


ここで僕が注目したのは、旧千円札の存在を知らない彼女ではなく


勉強不足な女性をだまそうとする人が存在するということだ。


今回の例は常識的なことだから笑える人も多いはず。


だけど僕はこれと似たようなことが世界で起きているのだと思う。


つまり騙す人と騙される人の二種類が世界にはあふれている。

嘘をつくよりたちの悪い騙し方

f:id:azuan65:20170124030206p:plain

騙すとは

うそを言ったり、にせ物を使ったりして、それを本当と思わせる。ごまかしてそれを信用させる。

ことだ。


だけど特に注目したいのは嘘をついているわけではないが、真実を言わないというものだ。


これはある人にとって都合の良い情報だけを集めてきてそれを誰かに伝えるということだから、ある意味騙しだと思う。


このような現象は広告、商品紹介、CMなど人間の世界にあふれている。


さきほどのツイッターのような簡単なものではなくもっと分かりにくく巧妙に僕たちを騙そうとする


このような世界で騙されないというにするにはどうするべきだろうか。

人の人生を歩かされないために

f:id:azuan65:20170124025452p:plain

僕は基本信じないというスタンスを身に付けるべきだと思う。


信じることをやめさえすればある情報を伝えられたとしても鵜呑みにせず、自分なりに調べるはずだ。


そうすることによって今まで知らなかった知識を手に入れ、本当に正しいのかどうかを考えることによって騙される可能性が減る。


このスタンスを身に付けるための簡単かつ、具体的な方法として


その情報を一般人が信用することで儲けるのは誰かを考える。


ということがある。


これはYouTubeにアップされている苫米地さんのメディアに騙されない生き方という動画の中で話されていたことだが


人間が人間を騙すのはたいていお金になるからだという。


だから誰が利益を得ることが出来るのかを常に考えながら、生活することによって騙されにくくなるはずだ。

騙されないために情報を収集する

f:id:azuan65:20170124025620p:plain

そしてこのようなことを論じていると、自分がなぜ本を読んでいるのかを思い出す。


もちろん面白いから読んでいるのだが、知らないことを知れるのが本の醍醐味であり


その知らないことの中には、知っていれば騙されることがない情報もある。


そういう意味では、僕は騙されにくくするために本を読んでいるという側面もある。