飽き性フロッキーの雑記ブログ

好きなことを熱量が冷めないうちに文字にしている雑記ブログです。

MENU

ちきりんの自分メディアの考えから雑記ブログの戦略を学ぶ。

 

「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記

 どうもフロッキーです。

 

 

ブログ界で知らない人はいないちきりんさん。

10年以上もの間、社会に関するテーマの記事を書き続けられている方だ。現在も更新されている。

本書「自分メディアのはこう作る!」はちきりんの日記、の10年間の軌跡を振り返りつつ、ちきりんさんのブログに関する考え、そして厳選された21の記事が載せられている。

今回はちきりんさんがどのように自分をセルフブランディングしていったのかを観ていきたい。

なりたい自分の条件

f:id:azuan65:20161011222951p:plain

2013年には月間150万PVから220万PVを記録しているちきりんの日記だが、どのようなゴール設定がなされているのだろうか。

本書の中でちきりんさんは

まず設定したゴールは、「Chikirinの日記」というサイトを、価値あるメディアに育てたい、ということでした。ここでの(私にとっての)価値あるメディアとは、読者ができるだけ似通っているメディア、すなわち、何らかの共通点を持って、読者が絞り込まれているメディア、という意味です。

 と書かれている。

ここから専門ブログに近い考え方がうかがえるが、ちきりんさんの目指しているのはセルフブランディングではないということだ。

つまり、ちきりんさんからしてみれば自分という存在を売るためのブログではなく、逆にブログをいかに価値あるコンテンツにするかということを重視していた。

実際に自分が成長することには全く興味がないということをプロゲーマーのウメハラさんと対談してる際に語っている。

悩みどころは逃げどころ

悩みどころと逃げどころ (小学館新書 ち 3-1)

ブログから人気になって自分を売り出している人は、何人も見たことはあるがブログを良質なものに育てようという人はなかなかいないと思う。

しかもこのゴール設定はちきりんさんの本や個別な取材や執筆依頼などに対する考えも決定する。

まず本についてだが、ちきりんさんは2016年現在で共著も含めれば10冊、本を出されている。

代表作は

ゆるく考えよう

ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法

自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

 などがあるが、ちきりんさんの考えとしては本はあくまでもブログの補助程度でしかないという。

ブログの存在を知らない潜在読者を本を出版することによって、新たに増やすために本を書いているそうだ。

次に個別な取材や執筆依頼などについてだが、ちきりんさんのルールはこれだ。

・時間や手間がかからないか

・ブログを読んでほしいと考えている特定の共通点を持つ読者をどれぐらい増やせるか

このルールからもちきりんさんがいかにブログのためだけを考えているかが分かると思う。

 

想定される読者

「読む」の画像検索結果

 

上記によると読者が似通っているということだが、ちきりんさんが想定している読者として考えているのは

資本主義を信じていて、

社会的な事象やビジネスに関心があり

既成概念を排し、自由かつオープンに考えることに前向きで

解を得ることではなく、自分で考えるヒントときっかけを求めている人

難しい問題を考える時にも深刻になりすぎず、ユーモアを理解できる人

 とここまで細分化されている。

ちきりんさんが目指しているブログというのは万人に受け入れられるものではなく、一部のファンが楽しめるようなブログを目指しているそうだ。

ちきりんさんの言葉を借りるとちきりんの日記は

「想定読者のプロフィールが、絞り込まれているブログ」

ということだ。

アニメ好きな大学生を対象にしようとだけしか思っていなかった僕は考えを改めた。

さらに、ブログ運営で必ずぶち当たる「雑記ブログか専門ブログか」という問いに一つの答えを提示してくれている。

それは専門ブログと雑記ブログをミックスしたような形式だ。これは

「専門ブログみたいに自分の知らないことを一生懸命調べるのは嫌だけど、雑記ブログではテーマがバラバラになりすぎて読者がつかない」

と悩んでいたブログ運営者には朗報だろう。

ちきりんさんは社会に関するテーマで自分の好きなことを書かれているということだ。

この大まかに好きなテーマを決めるというのは雑記ブロガーは見本にしたいところだと思う。

ブロガーにとっては重要な考え方が書かれている良書である。