読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【書評】制作進行とはどういう仕事なのか?アニメを仕事にしたい人必見のトリガー流アニメ制作進行読本。

読書 書評 アニメに関する本

アニメを仕事に! トリガー流アニメ制作進行読本 (星海社新書)

 どうもフロッキーです。

 まずこの本の冒頭にものすごい大きな字で、簡潔に概要を述べられているからそれをみていただきたい。

本書は作品が弾丸だとしたら、それを打つ出す引き金でありたいという思いの込められた社名をもつTRIGGERを例に、アニメ制作の現場を疑似体験できる一冊である。

 とのことだが、話の中心になるのは「アニメ制作進行」という仕事だ。かなり具体的に、そして話し言葉で書かれているので非常に分かりやすい。

 しかし、アニメ制作の現場を疑似体験できると豪語する理由はどこにあるだろうか。監督や演出が一番偉いのではないか?と思う方もいるかもしれない。確かに作品の内容に関してはそうなのだが、制作進行というのはアニメ制作の全工程に携わっている。それが監督や演出との決定的な違いだ。

 その制作進行の目線からキルラキルやリトルウィッチアカデミアでおなじみの制作会社トリガーの舛本氏がアニメができるまでを読み解こうというのが本書だ。

 そして面白い点として、制作進行の表面的な仕事内容暗黙の実務と著者は呼んでいる、必要不可欠なのだが表面には表れない仕事内容もいっしょに書かれている点だ。

  

本書の構成

第一章 熱意だけではだめ!狭き門をくぐるには

第二章 アニメ制作の番人 制作進行の仕事

第三章 地獄の新人研修

第四章 実践!制作進行

第五章 アニメ業界を目指す人へ

 

制作進行の仕事内容

f:id:azuan65:20161003083555j:plain

 制作進行の(表面的な)実務は大きく分けると3つだ。

①作品素材の管理

②スケジュールの管理

③作業環境の管理

今回はこの中の①作品素材の管理を紹介したい。このことを本書では

簡単に言うと「いまどこにあるか把握して、なくさない」ことです。結構簡単に思えますね。ところがどっこい、物量がどれほどあるかといいますと、30分のTVアニメーションで、

絵コンテ 一冊(80~100ページ)✖30冊(スタッフ配布分)

レイアウト✖300カット

原画✖300カット

動画✖4000~6000枚

背景✖300カット(データ)

仕上げ✖4200~6200枚(データ)

撮影✖300カット(データ)

チェック用DVD✖4~10枚

伝票✖50枚

関係書類✖50枚

カット袋✖300枚 

 とのこと。しかもこれでアニメ一話分と考えるとものすごい分量だということが分かっていただけると思う。

なぜ離職率が高い?

 一年以内の離職率は9割とも言われている制作進行という仕事だが、何がそうさせているのだろうか。これについて著者は

昔は現場で怒られて一人前になっていくのが普通でしたが、絵コンテ以降はある種単純なルーチンワークとしてできた時代だからだと思います。(中略、しかし)担当原画マンが多くなり、外回りの時間が増えた現代では、1日当たりの実働時間もずっと長くなりました。

 つまり「自分の頭でで整理熟考することが増え、作業時間も増えた」のが現代の制作進行なのです。現場にすぐ投入され、「オーバーワークによる精神のオーバーフロー」を起こしてしまう新人が多いのも仕方のない部分があると思います。

 とのこと。それに制作進行は原画マンなどと違い、下積みの期間がなくいきなり重要な仕事を任せられてしまい環境があるようだ。これでは辞めたくなるのも無理はない。普通免許と体力さえあれば出来る仕事と言われている制作進行だが、続けるのは大変な職業だ。

シナリオUP時の暗黙の実務

f:id:azuan65:20161003090838j:plain

 それでは最後に、アニメ制作の工程の一番初めである「シナリオUP」暗黙の実務を見ていきたいと思う。シナリオとは物語の流れや場面、登場人物を文章で表したものだが、一般的な制作進行はシナリオをあまり読まないそうだ。これを著者は悪習として、必ず読むべきだと強調している。

 シナリオを読むことによって、どこが見せ場なのかということも分かり優先すべき作業や必要な原画マンを考えることが出来るということだ。

YouTubeに動画あり

 そして本書の優れている点としては、動画もあるということだ。QRコードで読み取れば、コードがある工程に関しては動画で理解を深めることができる。もし読み取れなくてもここに動画をあげておく。

www.youtube.com

 

まとめ

 本書は、アニメ業界に就職したいと思っている方はもちろん、どのようにアニメが作られているのかに興味がある方にお勧めしたい。制作進行に興味がある人は必須だ。