飽き性フロッキーの雑記ブログ

好きなことを熱量が冷めないうちに文字にしている雑記ブログです。

MENU

結局ゲーミングチェアを買わなかった理由。秋葉原で視座した口コミ。

f:id:azuan65:20160714213440j:plain

 

どうもフロッキーです。

 

名前に「ゲーミング」とついてるだけで、そんなにゲーム特化しているのかと気になるところだろう。

 

僕もゲームが好きだし、ちょうどオフィスチェアを探していたので秋葉原まで視座しに行ったが、結局買わなかった理由を書きたい。

 

ちなみに僕の体は

 

身長は179cm

体重65キロ

 

だ。この記事を読む際に参考にしてほしい。

アキバへGO!

僕が視座しに行ったのは

G-Tune : Garage 秋葉原店」

AKRacing 展示店舗の紹介|テックウインド株式会社

 

土曜ということもあり、店内はにぎわっていた。

 

なぜわざわざ視座のためだけにアキバに赴いたかというと、インターネットに上がっている情報などを見ても、結局自分に合うかは座ってみないと分からないからだ。

 

特にPC前のイスというのはこれから何年もお世話になるわけだから、自分の体にフィットするかどうかを僕は絶対視する。

 

座った感触

f:id:azuan65:20160714215204j:plain

さっそく座った感想だが

 

首のクッションが合わなくて痛い。

 

このクッションは取り外し可能ということだが、僕はもうクッションが合わない時点で興ざめしてしまった。

 

ただ、お尻の部分は今まで座ったことがないしっかりした作りだった。

 

座った際に骨盤をしっかりサポートしてくれるような感覚があり、背筋が伸びる。

 

f:id:azuan65:20170104221711j:plain

 

この機能は確かにゲームを長時間するには適しているのかもしれない。

 

それに座高の高さ調節はもちろん、ひじ乗せの高さまで変えられることには驚いた。

 

ひじの部分のつくりは安っぽいが、ひじの部分だからあまり問題はないだろう。

 

単純に高い

ここは悩ましいところだ。2016年7月現在でアマゾン価格約3万円。

 そもそもゲーミングチェアを買うのは、ゲームやブログ編集の時間を快適に過ごすためだと思う。

 

ということはPS4というゲームの王道をまだ揃えることができていない僕は、ゲーミングチェアを買う前にやることがあるのではないのではないかと思ってしまう。