飽き性フロッキーの雑記ブログ

好きなことを熱量が冷めないうちに文字にしている雑記ブログです。

MENU

youtubeでおすすめの教養チャンネルまとめ。勉強したい人必見!

どうもフロッキーです。 youtubeはゲーム実況や商品紹介を見る娯楽を楽しめます。 ただその娯楽が勉強の時間になったら魅力的だと思いませんか。 そこで今回は僕がいつも観ている 教養として面白いyoutubeチャンネルを紹介します。 岡田斗司夫 速読多読 コー…

教養としての歴史の勉強方法。贅沢な世界史の読書法とは。

どうもフロッキーです。 僕は世界史の勉強方法をずっと模索していた。 ナビゲーターや実況シリーズなどの受験参考書は出だしとしては良いが、受験という枠にハマった話しかなされていないからつまらない。 かと言って一般的に名著と言われているマクニールの…

中谷彰宏のすごすぎる大学生活と大学中に読みたいおすすめの本。

どうもフロッキーです。早稲田大学在学中に 友達1人 読書 映画 同じ服 作文 で乗り切ったというのが 中谷彰宏(なかたにあきひろ)さんだ。 今回はそんな中谷さんのすごすぎる大学生活をまとめたい。 大学中にすべきこと アルバイトはするな 本は授業中に消化…

読書は人を変えるか。本を読むことの意味と効果について。

どうもフロッキーです。 おそらくこの記事を見てくれている方は読書の有用性にまだ気づいていないのかもしれない。 もし気づいているなら、検索などせずに本を読むことに時間を当てているはずだからだ。 今回は読書をする意味が分からない人のために 読書は…

苫米地式速読術などの技術で読書スピードが上がらない2つの理由。テクニックよりも大切なこと。

どうもフロッキーです。www.azuna0605.infoでも苫米地氏の速読術を紹介した。 確かに一日3冊レベルであれば、時間をかければ誰でも可能であることは自分の経験を通じても納得できる。 内容が薄いビジネス書や量が薄い新書を選べば、割と簡単だった。 しかし…

忙しい大人こそ、子供版の百科事典を読むことをおすすめする理由。

どうもフロッキーです。 百科事典が熱い。 読むべきだとは思っていたが、ここまで魅力的なものだとは思わなかった。 今回は百科事典の何がすごいのかを書きたい。 ちなみに僕が読んだ本はふしぎの図鑑というものだ。 知的好奇心を存分に満たしてくれる 百科…

読書は無意味か。テレビやスポンサーに騙されないために読書する。

どうもフロッキーです。 正直読みたくなかったら読まなくていい。 本を読むというのはそういうものだと思う。 「やっぱそうだよね。本を読んだところで意味ないし」 と思われた方に質問したい。 ではあなたは騙されてもいいんですか?と。 本を読まずに、世…

深夜、徹夜中に勉強や読書のやる気でないときに意識したいこと。

どうもフロッキーです。 僕は、朝7時に寝て午後5時に起きるという自堕落な生活を送っている。 これは大学生という身分がそうされることを可能にしている。 大学生は休みが一気に与えられる。僕の例でいえば、春休みは2か月間もある。 しかも課題もなけれ…

漫画ベルセルク感想。三浦健太郎の魅力を残酷さ、キャラクターから導き出す。

どうもフロッキーです。 浪人時代に 「受験が終わったら絶対に読もう!」 と心に誓った漫画があった。 それがベルセルクだ。 最初に見たときはエロと殺戮をひたすらに描いたような作品だという印象を受けて、ブックオフで立ち読みしながらめまいがしたのを鮮…

読書が勉強に与える絶大な効果とは。なぜ読書好きは成績が良い?

どうもフロッキーです。 全員とは言わないが、成績の良い人の大半が読書好きな傾向がある。 今回はなぜこのように現象がおこるのかについて考えたい。 1.教科書が読める基礎体力がある 2.既に学問の楽しさを知っている可能性がある。 3.教科書を事前に…

Youtube読書チャンネルおすすめランキング。本が読みたくなる!

どうもフロッキーです。 本が読むたくなるきっかけはいろいろあるが、今の時代YouTubeを活用しない手はない。 そこで今回は、観ているだけで本が読みたくなるYouTubeチャンネルを独断と偏見で作った。 その際チャンネルに囚われることなく、本が読みたくなる…

読んだ本の記録アプリは、読書メーターがおすすめ!

どうもフロッキーです。 最近はあまり本を読めていないが 一日のうち1時間以上は必ず読書時間に費やしている。 その際に読み終わった日本語の本は 読書メーターというアプリにすべて記録している。 理由はアプリ版とweb版を組み合わせればとても便利だから…

読書感想文がめんどくさい人必見!最速かつ簡単に終わらせる方法。

どうもフロッキーです。 脳科学者でお馴染みの茂木氏によるそう考えると、夏休みの宿題というのは実に邪魔なものであって、そんなものは要らないと思うのである。思うに、あれは、子どもが遊んでいると不安だという保護者の気持ちと、学校の事なかれ主義が結…

働かないアリに意義がある理由が面白い。働きすぎなサラリーマンは見習うべき?書評

どうもフロッキーです。 この本は欲しいものリストからプレゼントしていただいたものです。 まず間違いなく良書だ。とても考えさせられる本だった。 面白かった点はたくさんあるのだが、一番重要な働かないアリの存在意義を説明するのに結構分量を使うので、…

ちきりんの自分メディアの考えから雑記ブログの戦略を学ぶ。

どうもフロッキーです。 ブログ界で知らない人はいないちきりんさん。 10年以上もの間、社会に関するテーマの記事を書き続けられている方だ。現在も更新されている。 本書「自分メディアのはこう作る!」はちきりんの日記、の10年間の軌跡を振り返りつつ…

小飼弾から本の探し方を学ぶ。新書がベストな理由とおすすめ本。書評

どうもフロッキーです。 本をある程度読んでいると、「自分にとって必要なのはどの本なのだろうか?」という疑問がわいてくるのではないだろうか。それは自分の好きな本しか読まなかったために専門バカになってしまっていること、もしくは知りたい分野が多す…

超具体的!アニメ制作進行の仕事内容をトリガー流進行読本で学ぶ。書評

どうもフロッキーです。 ものすごい大きな字で、簡潔に概要を述べられているので引用する。 本書は作品が弾丸だとしたら、それを打つ出す引き金でありたいという思いの込められた社名をもつTRIGGERを例に、アニメ制作の現場を疑似体験できる一冊である。 今…

学歴がなくても大企業に入る方法。就職活動中の大学生は読みたい就活の極意。書評

どうもフロッキーです。 実際就活というのはだるいものではないだろうか。 この気持ちを代弁しているかのように大学生はやる気がなくて当然というのが今回紹介する本の著者である苫米地さんのスタンスだ。 だから彼は大企業に入って自分の本当のゴールを探せ…

苫米地流!健康になりたい人必見の食事、睡眠方法。書評

どうもフロッキーです。 「健康にはなりたいが世の中には健康法やダイエット方法があふれていて何が正しいのか変わらない」という方もいると思う。 こういう場合は、意外と単純で身も蓋もないようなことが正しい可能性が高いと僕は思っている。 脳に免疫力を…

スラムダンクと井上雄彦の世界を漫画、アニメ、主題歌も含めて考察してみる。

どうもフロッキーです。 diary.uedakeita.net この記事を読んで、名前しか聞いたことがなかった「スラムダンク」が直感的に面白いマンガ漫画だと思った。なぜなら真顔さんの記事では7枚しか写真を使っていないのに少し笑えた。もちろん真顔さんの選ぶセンス…

多読は受験英語に応用できるのか|英語多読一日30分を6か月続けてきてセンター英語を解いてみた結果。

どうもフロッキーです。 英語の勉強方法は受験生の大きな悩みの一つではないだろうか。 単語の覚え方や音読はすべきなのかなど色々と迷うところはあると思うが、僕が行きついた最も重要な問題として『英語は英語で勉強するべきではないのか?』というものだ…

自己成長したい人必見!アニメと読書で自分の成長度合いを測る方法。

どうもフロッキーです。 自分の成長を自分が感じることはなかなか難しい。 勉強などでは点数という物差しがあるので分かりやすいが、自分の成長とは具体的に何のことか分かりづらいと思う。 僕は自分の成長というのは過去の自分が気づかなかったことや分から…

芸能人の愛読書を本を探す時の参考に!宇多田ヒカルから太田光、向井理まで

どうもフロッキーです。 「本を読みたいんだけど、何を読めばいいか分からない」 という声はよく聞く。 こんな時は、憧れの人物が読んでいる本を読めばその人に一歩近づけるかもしれない。 読書もできて一石二鳥だと思う。 というわけで今回は有名人の愛読書…

苫米地英人氏の読書術、速読方法、本の選び方をまとめる。

どうもフロッキーです。 苫米地さんの読書はまず速読ありきである。 その際に速読するのだが速読してもなお「ちゃんと文字を追って速読する」ことを提唱している。 そして苫米地さん推奨する読書冊数は「1か月最低100冊」。ということは一日に3冊読みこなす…

苫米地流!賢い子供の育て方。教育方法としておすすめの本を書評。

どうもフロッキーです。 この本は 頭の良い子をどのように育てるのか 現在の日本の大学の受験による弊害 トップ海外大学のスケールの大きさ など 子供の教育法にとどまらず、広く子育てを捉え直すことが出来る。 そもそも頭がいい定義とは クリティカルエイ…

読書と仕事の効果を調べる!読書しないで成功した経営者はいるのか。

2016年 12/30 再編集 どうもフロッキーです。 読書はビジネスで成功する上で必須ではないかと思わざるを得ないほど、世の中は読書の重要性を強調している。 確かに僕も孫正義さんやビルゲイツの読書量を聞くとそのように感じる。 世界的に有名な経営者の習慣…